東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

業績(2012年)

  • 英文原著
  • 和文原著
  • 総説
  • 英文学会発表
  • 和文学会発表
  • 受賞
1.Yamada T, Yoshii T, Sotome S, Yuasa M, Kato T, Arai Y, Kawabata S, Tomizawa S, Sakaki K, Hirai T, Shinomiya K, Okawa A: Hybrid grafting using bone marrow aspirate combined with porous β-tricalcium phosphate and trephine bone for lumbar posterolateral spinal fusion: a prospective, comparative study versus local bone grafting. Spine (Phila Pa 1976). Feb 1;37(3):E174-9, 2012.
2.Yamada T, Yoshii T, Yoshimura H, Suzuki K, Okawa A: Upper limb amputation due to a brachial arterial embolism associated with a superior mesenteric arterial embolism: a case report. BMC Res Notes. Jul 24;5:372, 2012.
3.Nimura A, Kato A, Yamaguchi K, Mochizuki T, Okawa A, Sugaya H, Akita K: The superior capsule of the shoulder joint complements the insertion of the rotator cuff. J Shoulder Elbow Surg. 21(7):867-72, 2012.
4.Fujita K, Iwasaki M, Ochi H, Fukuda T, Ma C, Miyamoto T, Takitani K, Negishi-Koga T, Sunamura S, Kodama T, Takayanagi H, Tamai H, Kato S, Arai H, Shinomiya K, Itoh H, Okawa A, Takeda S: Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion. Nature Medicine 18(4):589-594, 2012.
5.Sakaki K, Kawabata S, Ukegawa D, Hirai T, Ishii S, Tomori M, Inose H, Yoshii T, Tomizawa S, Kato T, Shinomiya K, Okawa A: Warning thresholds on the basis of origin of amplitude changes in transcranial electrical motor-evoked potential monitoring for cervical compression myelopathy. Spine. Jul 1; 37(15):E913-21, 2012.
6.Iwasaki M, Piao J, Kimura A, Sato S, Inose H, Ochi H, Asou Y, Shinomiya K, Okawa A, Takeda S: Runx2 haploinsufficiency ameliorates the development of Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. PLoS ONE. 7(8):e43372, 2012.
7.Kuroiwa T, Yoshii T, Sakaki K, Inose H, Tomizawa S, Kato T, Kawabata S, Shinomiya K, Okawa A: Vertebral locking lesion following cervical spine fracture in ankylosing spondylitis. Orthopedics. 35(6):1005-1008, 2012.
8.Wei J, Shi Y, Zheng L, Zhou B, Inose H, Wang J, Guo XE, Grosschedl R, Karsenty G: Mir-34s inhibit osteoblast proliferation and differentiation in the mouse by targeting SATB2. J Cell Biol 197(4):509-521, 2012.
9.Ishii S, Kawabata S, Tomizawa S, Tomori M, Sakaki K, Shinomiya K, Sekihara K, Sato T, Adachi Y, Okawa A: Conductive neuromagnetic fields in the lumbar spinal canal. Clin Neurophysiol. Aug;123(8):1656-61, 2012.
10.Yoshii T, Dumas JE, Okawa A, Spengler DM, Guelcher SA: Synthesis, characterization of calcium phosphates/polyurethane composites for weight-bearing implants. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. Jan;100(1):32-40, 2012.
11.Yoshii T, Hafeman AE, Esparza JM, Okawa A, Gutierrez G, Guelcher SA: Local injection of lovastatin in biodegradable polyurethane scaffolds enhances bone regeneration in A critical-sized segmental defect in rat femora. J Tissue Eng Regen Med. Jun 20, 2012.
12.Yoshii T, Nakai O, Hirai T, Sotome S, Shinomiya K, Okawa A, Myositis Ossificans Traumatica Secondary to Fracture of the Odontoid in a Five- Month-Old Infant. A Case Report. JBJS Case Connector, 2012 Feb 22;2(1):e7 1-4.
13.Yoshii T, Yuasa M, Sotome S, Yamada T, Sakaki K, Hirai T, Taniyama T, Inose H, Kato T, Arai Y, Kawabata S, Tomizawa S, Enomoto M, Shinomiya K, Okawa A: Porous/Dense Composite Hydroxyapatite for Anterior Cervical Discectomy and Fusion. Spine (Phila Pa 1976). Dec 3, 2012. [Epub ahead of print] 14.Itoh H, Hara Y, Tagawa M, Kato T, Ochi H, Koga D, Okawa A, Asou Y: Evaluation of the association between runt-related transcription factor 2 expression and intervertebral disk aging in dogs. Am J Vet Res. Oct;73(10):1553-9, 2012.
15.Aini H, Ochi H, Iwata M, Okawa A, Koga D, Okazaki M, Sano A, Asou Y: Procyanidin B3 prevents articular cartilage degeneration and heterotopic cartilage formation in a mouse surgical osteoarthritis model. PLoS One. 2012;7(5):e37728, 2012.
16.Koyanagi H, Matsumoto S, Shimoji T, Tanizawa T, Ae K, Shinomiya K, Okawa A, Kawaguchi N: Long-term results from use of pasteurized bone. J Orthop Sci. Sep;17(5):605-13, 2012.
17.Sawamura C, Matsumoto S, Shimoji T, Ae K, Tanizawa T, Gokita T, Koyanagi H, Okawa A: Indications for and surgical complications of rotationplasty. J Orthop Sci. 2012 Nov;17(6):775-81, 2012.
18.Sawamura C, Matsumoto S, Shimoji T, Tanizawa T, Ae K: What are risk factors for local recurrence of deep high-grade soft-tissue sarcomas? Clin Orthop Relat Res. 2012 Mar;470(3):700-5, 2012.
19.Li W, Enomoto M, Ukegawa M, Hirai T, Sotome S, Wakabayashi Y, Shinomiya K, Okawa A: Subcutaneous injections of platelet-rich plasma into skin flaps modulate proangiogenic gene expression andimprove survival rates. Plast Reconstr Surg. Apr;129(4):858-66, 2012.
20.Enomoto M, Ukegawa D, Sakaki K, Tomizawa S, Arai Y, Kawabata S, Kato T, Yoshii T, Shinomiya K, Okawa A: Increase in paravertebral muscle activity in lumbar kyphosis patients by surface electromyography compared withlumbar spinal canal stenosis patients and healthy volunteers. J Spinal Disord Tech. Aug;25(6):E167-73, 2012.
21.Hirai T, Enomoto M, Machida A, Yamamoto M, Kuwahara H, Tajiri M, Hirai Y, Sotome S, Mizusawa H, Shinomiya K, Okawa A, Yokota T: Intrathecal shRNA-AAV9 inhibits target protein expression in the spinal cord and dorsal root ganglia of adult mice. Hum Gene Ther Methods. Apr;23(2):119-27, 2012.
22.Suzuki S, Muneta T, Tsuji K, Ichinose S, Makino H, Umezawa A, Sekiya I. Properties and usefulness of aggregates of synovial mesenchymal stem cells as a source for cartilage regeneration. Arthritis Res Ther. 2012; 14(3); R136
23.Yamaga Mika, Tsuji Kunikazu, Miyatake Kazumasa, Yamada Jun, Abula Kahaer, Ju Young-Jin, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. Osteopontin level in synovial fluid is associated with the severity of joint pain and cartilage degradation after anterior cruciate ligament rupture. PLoS One. 2012; 7(11); e49014
24.Futami Ippei, Ishijima Muneaki, Kaneko Haruka, Tsuji Kunikazu, Ichikawa-Tomikawa Naoki, Sadatsuki Ryo, Muneta Takeshi, Arikawa-Hirasawa Eri, Sekiya Ichiro, Kaneko Kazuo. Isolation and characterization of multipotential mesenchymal cells from the mouse synovium. PLoS One. 2012; 7(9); e45517
25.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Ju Young-Jin, Sekiya Ichiro. Surgical management of grade 3 medial knee injuries combined with cruciate ligament injuries. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2012.01; 20(1); 88-94
26.Nakamura T, Sekiya I, Muneta T, Hatsushika D, Horie M, Tsuji K, Kawarasaki T,Watanabe A, Hishikawa S, Fujimoto Y, Tanaka H, Kobayashi E.. Arthroscopic, histological and MRI analyses of cartilage repair after a minimally invasive method of transplantation of allogeneic synovial mesenchymal stromal cells into cartilage defects in pigs. Cytotherapy. 2012.03; 14(3); 327-338
27.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Ju Young-Jin, Sekiya Ichiro. The effect of graft fixation angles on anteroposterior and rotational knee laxity in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction: evaluation using computerized navigation. Am J Sports Med. 2012.03; 40(3); 615-623
28.Yagishita Kazuyoshi, Muneta Takeshi, Ju Young-Jin, Morito Toshiyuki, Yamazaki Junya, Sekiya Ichiro. High-flex posterior cruciate-retaining vs posterior cruciate-substituting designs in simultaneous bilateral total knee arthroplasty: a prospective, randomized study. J Arthroplasty. 2012.03; 27(3); 368-374
29.Watanabe Toshifumi, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. [ Locomotive syndrome and frailty. Total knee arthroplasty supports active life of the elderly] . Clin Calcium. 2012.04; 22(4); 103-109
30.Sekiya Ichiro, Ojima Miyoko, Suzuki Shiro, Yamaga Mika, Horie Masafumi, Koga Hideyuki, Tsuji Kunikazu, Miyaguchi Ken, Ogishima Soichi, Tanaka Hiroshi, Muneta Takeshi. Human mesenchymal stem cells in synovial fluid increase in the knee with degenerated cartilage and osteoarthritis. J Orthop Res. 2012.06; 30(6); 943-949
31.Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Ju Young-Jin, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Hyaluronan injection therapy for athletic patients with patellar tendinopathy. J Orthop Sci. 2012.07; 17(4); 425-431
32.Takazawa Kobun, Adachi Nobuo, Deie Masataka, Kamei Goki, Uchio Yuji, Iwasa Junji, Kumahashi Nobuyuki, Tadenuma Taku, Kuwata Suguru, Yasuda Kazunori, Tohyama Harukazu, Minami Akio, Muneta Takeshi, Takahashi Shigeo, Ochi Mitsuo. Evaluation of magnetic resonance imaging and clinical outcome after tissue-engineered cartilage implantation: prospective 6-year follow-up study. J Orthop Sci. 2012.07; 17(4); 413-424
33.Horie M, Choi H, Lee R H, Reger R L, Ylostalo J, Muneta T, Sekiya I, Prockop D J. Intra-articular injection of human mesenchymal stem cells (MSCs) promote rat meniscal regeneration by being activated to express Indian hedgehog that enhances expression of type II collagen. Osteoarthritis Cartilage. 2012.10; 20(10); 1197-1207
34.Watanabe Toshifumi, Ishizuki Masafumi, Muneta Takeshi, Banks Scott Arthur. Matched comparison of kinematics in knees with mild and severe varus deformity using fixed- and mobile-bearing total knee arthroplasty. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2012.11; 27(9); 924-928
35.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Watanabe Toshifumi, Mochizuki Tomoyuki, Horie Masafumi, Nakamura Tomomasa, Okawa Atsushi, Sekiya Ichiro. Arthroscopic centralization of an extruded lateral meniscus. Arthrosc Tech. 2012.12; 1(2); e209-e212
1.伊奈沙織、二村昭元、若林良明、中川照彦、宗田大:第1肋骨疲労骨折による胸郭出口症候群の1例. 肩関節 36(3):1099-1102, 2012.
2.若林良明、二村昭元、鏑木秀俊、大川淳:肘部管症候群の臨床評価における上肢障害評価表(DASH)の選択項目(スポーツ/芸術活動,仕事)の有用性の検討. 日本手外科学会雑誌 29(3):184-187, 2012.
3.王耀東、若林良明、大川淳、石突正文、黒佐義郎:【難治性骨折に対する治療】 難治性骨折の治療(各論) 下肢骨折 高齢者に発症する両側大腿骨骨幹部疲労骨折の診断・治療. 別冊整形外科 61:174-179, 2012.
4.王耀東、若林良明、大川淳、黒住健人、新藤正輝、松下隆:【難治性骨折に対する治療】 難治性骨折の治療(各論) 上肢骨折 Transolecranon fracture-dislocation of the elbowの治療戦略. 別冊整形外科 61:113-120, 2012.
5.田野敦寛、鈴木康司、河内貞臣、神野哲也:セメントレス型BiCONTACTステムの術中骨折の検討. Hip Joint(0389-3634)38巻 Page701-706(2012.08)
6.小谷野岳、神野哲也、麻生義則、古賀大介、谷口直史、高田ちさと、宗田大、大川淳、森田定雄、山内裕樹:両側一期的人工股関節全置換術におけるドレーン留置の有用性に関する検討. Hip Joint(0389-3634)38巻 Page472-475(2012.08)
7.高田ちさと、古賀大介、神野哲也、麻生義則、山内裕樹、谷口直史、小谷野岳、佐々木亨、森田定雄、宗田大、大川淳:人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討. Hip Joint(0389-3634)38巻 Page448-452(2012.08)
8.谷口直史、神野哲也、麻生義則、古賀大介、山内裕樹、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:Wedge-taper stemにおける骨性固定の非獲得. Hip Joint(0389-3634)38巻 Page416-420(2012.08)
9.佐々木亨、神野哲也、麻生義則、古賀大介、小谷野岳、高田ちさと、宗田大、大川淳、森田定雄:術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後D-dimer値予測の試み 全例にVTE予防薬は必要か. Hip Joint(0389-3634)38巻 Page32-34(2012.08)
10.松原正明、森田定雄、長谷川清一郎、神野哲也、古賀大介、奥田直樹、木村晶理、小川博之:セメントレスTHA vs. セメントTHA セメントレス人工股関節置換術の有用性. 日本整形外科学会雑誌(0021-5325)86巻9号 Page696-701(2012.09)
11.勝木員子、相澤純也、磯崎弘司、神野哲也、森田定雄:THA前後における中臀筋と大臀筋の筋断面積の回復とJOA Hip Scoreとの関連 CTを用いて. 理学療法学(0289-3770)39巻2号 Page122-123(2012.04)
12.相澤純也、神野哲也、古賀大介、小山貴之、中丸宏二、美崎定也、磯崎弘司、森田定雄:人工股関節全置換術を待機している変形性股関節症患者の主観的疼痛に関連する因子. 理学療法学(0289-3770)39巻2号 Page112-113(2012.04)
13.山田淳、神野哲也、長谷川清一郎、土屋正光:Hanssonピンを用いた大腿骨頭すべり症の治療経験. 整形外科(0030-5901)63巻4号 Page313-318(2012.04)
14.神野哲也、古賀大介、山内裕樹、麻生義則、森田定雄、宗田大、長谷川清一郎、松原正明:人工股関節置換術におけるハイドロキシアパタイトコーティングカップの中・長期X線成績. 日本関節病学会誌(1883-2873)31巻1号 Page13-19(2012.03)
15.古賀大介、神野哲也、宗田大、森田定雄:人工股関節全置換術における関節安定性 前方アプローチと後側方アプローチの術中比較. 日本関節病学会誌(1883-2873)31巻1号 Page7-11(2012.03)
16.請川大、川端茂徳、榊経平、吉井俊貴、富澤將司、加藤剛、榎本光裕、四宮謙一、大川淳:圧迫性脊髄症患者に対する術中脊髄モニタリングにおけるBi-phasic刺激法とMono-phasic刺激法との比較. 脊髄機能診断学 33巻1号Page169-175(2012)
17.請川大、川端茂徳、榊経平、富澤將司、大川淳:腰部神経誘発磁界機能イメージング:腰椎疾患患者の無侵襲診断にむけて. 日本生体磁気学会誌 25巻1号Page22-23(2012)
18.川端茂徳、富澤將司、榊経平、請川大、大川淳:磁気計測による脊髄機能イメージング:臨床応用の現状と展望. 日本生体磁気学会誌 25巻1号Page14-14(2012)
19.榊経平、川端茂徳、富澤將司、友利正樹、請川大、大川淳:脊髄誘発磁界による脊髄機能診断のための基礎的研究:脊髄障害モデルを用いて. 日本生体磁気学会誌 25巻1号Page18-19(2012)
20.請川大、川端茂徳、大川淳:経頭蓋電気刺激筋誘発電位を用いた術中脊髄モニタリングにおける経頭蓋Bi-phasic刺激法とMono-phasic刺激法(従来法)との比較. 日本生体電気・物理刺激研究会誌 26巻Page83-83(2012)
21.古賀英之, 宗田大, 関矢一郎. 手術手技シリーズ 膝十字靱帯損傷に合併した3 度膝内側側副靱帯損傷に対するつり上げ修復法Bone Joint Nerve. 2012.01; 2(1); 185-189
22.関矢一郎, 宗田大. 【変形性膝関節症をめぐる進歩】(Part5) 変形性膝関節症の手術療法 滑膜由来の幹細胞による再生医療Bone Joint Nerve. 2012.01; 2(1); 159-165
23.林将也, 宗田大, 関矢一郎. 【変形性膝関節症をめぐる進歩】(Part2) 変形性膝関節症の基礎的研究 BMP7による変形性関節症の予防Bone Joint Nerve. 2012.01; 2(1); 39-45
24.神野哲也, 古賀大介, 小谷野岳, 高田ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 大川淳, 宗田大. 脱臼しない人工股関節全置換術を目指した戦略脱臼しない人工股関節全置換術のための手術アプローチの工夫日本整形外科学会雑誌. 2012.02; 86(2); S210
25.中村智祐, 関矢一郎, 柳下和慶, 朱寧進, 古賀英之, 堀江雅史, 大川淳, 宗田大. 二重束前十字靱帯再建術における術中固定時の張力パターンが術後成績に及ぼす影響日本整形外科学会雑誌. 2012.02; 86(2); S58
26.宗田大. ACL 損傷の診断・ 治療・ リハビリ 私たちのポイント関東整形災害外科学会雑誌. 2012.02; 43(1);40
27.神野哲也, 古賀大介, 山内裕樹, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 長谷川清一郎, 松原正明. 人工股関節置換術におけるハイドロキシアパタイトコーティングカップの中・ 長期X 線成績日本関節病学会誌. 2012.03;31(1); 13-19
28.古賀大介, 神野哲也, 宗田大, 森田定雄. 人工股関節全置換術における関節安定性 前方アプローチと後側方アプローチの術中比較日本関節病学会誌. 2012.03; 31(1); 7-11
29.関矢一郎, 尾島美代子, 鈴木志郎, 山賀美芽, 堀江雅史, 古賀英之, 大川淳, 宗田大. 変形性関節症膝の関節液中に存在する間葉系幹細胞日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S725
30.谷口直史, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 高田ちさと, 小谷野岳, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. Wedge-taper stem における骨性固定の非獲得例日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S684
31.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 谷口直史, 高田ちさと, 小谷野岳, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後VTE 予防薬の必要度判定日本整形外科学会雑誌. 2012.03;86(3); S621
32.二村昭元, 若林良明, 望月智之, 加藤敦夫, 宗田大, 大川淳, 秋田恵一. 肩関節上方関節包は腱板上腕骨停止部を補強している 腱板変性断裂との関連日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S561
33.二見一平, 石島旨章, 金子晴香, 辻邦和, 冨川直樹, 関矢一郎, 宗田大, 平澤恵理, 金子和夫. マウス滑膜由来間葉系幹細胞培養系の確立日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S546
34.堀江雅史, 関矢一郎, 望月智之, 朱寧進, 古賀英之, 中村智祐, 柳下和慶, 大川淳, 宗田大. 二重束ACL再建術における大腿骨孔位置計測のための新しい術後X 線評価法(modified quadrant method)  その再現性について日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S498
35.望月智之, 二村昭元, 立石智彦, 山口久美子, 宗田大, 大川淳, 秋田恵一. 内側膝蓋大腿靱帯付着部の解剖学的検討 中間広筋および内側広筋との関係について日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S402
36.関矢一郎, 鈴木志郎, 小田邉浩二, 中川裕介, 松倉遊, 二村昭元, 島谷雅之, 古賀英之, 森戸俊行, 大川淳, 宗田大. 軟骨再生を目的とした滑膜間葉系幹細胞の培養日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S401
37.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 谷口直史, 高田ちさと, 小谷野岳, 川端茂徳, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 人工股関節全置換術後の神経合併症に対する術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位モニタリングの有用性と限界日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S343
38.遠山晴一, 石橋恭之, 内尾祐司, 丸毛啓史, 水田博志, 宗田大, 吉矢晋一. 日常診療に生かす前十字靱帯損傷診療ガイドライン日本整形外科学会雑誌. 2012.03; 86(3); S306
39.清水禎則, 宗田大, 柳下和慶, 朱寧進, 森戸俊行, 古賀英之, 山崎順也, 関矢一郎. 解剖学的二重束ACL再建術における大腿骨骨孔位置と術後成績との関連JOSKAS. 2012.03; 37(1); 54-55
40.渡邊敏文, 関矢一郎, 宗田大. 【ロコモティブシンドロームと虚弱(Frailty)】高齢者の自立を支える人工膝関節置換術Clinical Calcium. 2012.03; 22(4); 557-563
41.高橋晃, 朱寧進, 関矢一郎, 大川淳, 宗田大. 全人工膝関節置換術後に手指壊死を来たした1 例関東整形災害外科学会雑誌. 2012.03; 43(臨増号外); 169
42.中川裕介, 浅野浩司, 中村香織, 小森博達, 宗田大. 大腿骨顆部Hoffa 骨折に対してプレートを使用し観血的整復固定術を施行した1 例関東整形災害外科学会雑誌. 2012.03; 43(臨増号外); 45
43.関矢一郎, 宗田大. 滑膜間葉幹細胞の役割と低侵襲な軟骨再生への応用整形外科. 2012.03; 63(3); 228
44.中村香織, 浅野浩司, 中川裕介, 宗田大. 人工膝関節置換術における自己血輸血の効果JOSKAS. 2012.04;37(2); 228-229
45.内山英俊, 西澤真人, 猪狩公宏, 小泉伸也, 米倉孝治, 豊福崇浩, 工藤敏文, 地引政利, 宮井美恵子, 加賀山知子, 井上芳徳, 内村功, 宗田大. 人工膝関節置換術後の深部静脈血栓症、肺塞栓の発生頻度と予測について静脈学. 2012.04; 23(2); 136
46.堀江雅史, 宗田大, 関矢一郎. 医学最新情報 膝滑膜由来の幹細胞を用いた半月板の再生治療DENTAL DIAMOND. 2012.04; 37(5); 70-75
47.中川裕介, 浅野浩司, 中村香織, 小森博達, 宗田大. 踵骨関節内骨折に対する外側小皮切による顆粒状β-TCP を使用した観血的整復固定術の治療成績骨折. 2012.05; 34(2); 446-450
48.猪野又慶, 関矢一郎, 中村智祐, 堀江雅史, 古賀英之, 望月智之, 朱寧進, 柳下和慶, 宗田大. 両人工膝関節置換術直後に右足背動脈を触知できなくなった1 例関東膝を語る会会誌. 2012.05; 28(1); 43
49.中川裕介, 浅野浩司, 立石智彦, 宗田大. 陸上短距離選手に生じた坐骨結節剥離骨折の1 例JOSKAS.2012.06; 37(4); 123
50.古賀英之, 結城新, 関矢一郎, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 宗田大. 7段階評価法を用いたpivot shift test のより詳細な評価の試みJOSKAS. 2012.06; 37(4); 91
51.林将也, 宗田大, 池田浩夫, 立石智彦, 古賀英之, 望月智之, 朱寧進, 吉村英哉, 長瀬寅, 清水貞則, 関矢一郎. 前十字靱帯再建術後感染とアトピー性皮膚炎の関係についての多施設調査JOSKAS. 2012.06; 37(4);73
52.渡邊敏文, 宗田大, Banks Scott. 後方安定型人工膝関節全置換術の関節ギャップは術後可動域に影響するJOSKAS. 2012.06; 37(4); 48
53.宗田大, 関矢一郎, 古賀英之, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐. ACL 再再建術 術式の工夫と成績内側ハムストリング腱を用いた2 重束再再建術の成績と最近の工夫JOSKAS. 2012.06; 37(4); 20
54.江面陽一, 早田匡芳, 中元哲也, 納富拓也, 関矢一郎, 宗田大, 野田政樹. ヒト骨髄および滑膜由来間葉系細胞において異なるCpG メチル化を示す遺伝子群の探索と骨軟骨細胞分化の制御に関わる転写因子群の抽出 RUNX2 およびRUNX3、DLX5、ALX4 遺伝子日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2012.07;30 回; 245
55.堀江雅史, 関矢一郎, 宗田大. 運動器のリモデリングと再生滑膜間葉系幹細胞移植による半月板再生日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2012.07; 30 回; 134
56.宗田大. 【運動器の慢性疼痛-治療新戦略】運動器慢性疼痛の基礎知識 変形性関節症の慢性疼痛発生機序整形外科. 2012.07; 63(8); 746-749
57.小谷野岳, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 谷口直史, 高田ちさと, 宗田大, 大川淳, 森田定雄, 山内裕樹. 両側一期的人工股関節全置換術におけるドレーン留置の有用性に関する検討Hip Joint. 2012.08; 38;472-475
58.高田ちさと, 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 山内裕樹, 谷口直史, 小谷野岳, 佐々木亨, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討Hip Joint. 2012.08; 38; 448-452
59.谷口直史, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 山内裕樹, 小谷野岳, 高田ちさと, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. Wedge-taper stem における骨性固定の非獲得Hip Joint. 2012.08; 38; 416-420
60.佐々木亨, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 小谷野岳, 高田ちさと, 宗田大, 大川淳, 森田定雄. 術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後D-dimer 値予測の試み 全例にVTE 予防薬は必要かHip Joint.2012.08; 38; 32-34
61.関矢一郎, 古賀英之, 宗田大. スポーツ選手における軟骨損傷、半月損傷に対する治療滑膜幹細胞による低侵襲軟骨再生医療日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2012.08; 32(4); 477
62.宗田大. 膝のスポーツ障害日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2012.08; 32(4); 437
63.関矢一郎, 古賀英之, 宗田大. 関節軟骨損傷からのスポーツ復帰 現状と展望幹細胞による軟骨再生 現状と展望日本臨床スポーツ医学会誌. 2012.08; 20(3); 439
64.宗田大. 私が薦めるACL 損傷からの競技復帰プランバレーボール選手の復帰プラン日本臨床スポーツ医学会誌. 2012.08; 20(3); 398
65.古賀英之, 宗田大, 大川淳. 膝スポーツ障害の病態と治療膝前十字靱帯損傷の受傷メカニズム東日本整形災害外科学会雑誌. 2012.08; 24(3); 399
66.小谷野岳, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 高田ちさと, 川端茂徳, 宗田大, 大川淳. 整形外科×スマホ、タブレット、インターネットiPad を用いた整形外科専門医試験のための学習法東日本整形災害外科学会雑誌. 2012.08; 24(3); 352
67.中川裕介, 関矢一郎, 辻邦和, 市野瀬志津子, 袴塚康治, 大川淳, 宗田大. β-TCP ミクロン顆粒は間葉系幹細胞に貪食され石灰化を促進する日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86(8); S1348
68.堀江正樹, 榎本光裕, 下田学, 宗田大, 大川淳, 柳下和慶. 高気圧酸素治療は筋損傷モデルラットの骨格筋再生を促進させる日本整形外科学会雑誌. 2012.08; 86(8); S1338
69.関矢一郎, 宗田大. 【体性幹細胞】関節と体性幹細胞 滑膜間葉系幹細胞による軟骨再生BIO Clinica.2012.08; 27(9); 830-834
70.山田淳, 辻邦和, 宮武和正, 松倉遊, Kahaer Abula, 関矢一郎, 宗田大. 変形性膝関節症に対する三次元歩行解析の有用性についてJournal of Musculoskeletal Pain Research. 2012.10; 4(2); 89
71.古賀大介, 神野哲也, 小谷野岳, 高田ちさと, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 関節疾患手術における抗凝固剤の是非術前データに基づく人工股関節全置換術後VTE 予防薬の必要度判定日本関節病学会誌. 2012.10;31(3); 341
72.中村智祐, 関矢一郎, 柳下和慶, 渡邉敏文, 古賀英之, 堀江雅史, 宗田大. 2 重束前十字靱帯再建術における術中固定時の張力パターンと術後成績・ 大腿骨孔位置の関係日本関節病学会誌. 2012.10; 31(3); 318
73.神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 森田定雄, 長谷川清一郎, 松原正明, 大川淳, 宗田大. 人工関節デザインと術後成績< 股> セメントレス髄腔占拠型ストレートステム周囲の骨リモデリング日本関節病学会誌.2012.10; 31(3); 294
74.関矢一郎, 宗田大. 関節・ 脊椎疾患における近未来医療の展望 基礎から臨床へ滑膜幹細胞による半月板再生 基礎から臨床へ日本関節病学会誌. 2012.10; 31(3); 248
75.古賀英之, 小笠原一生, 宗田大. Model-based image-matching technique を用いた膝モーメントの推定によるACL 損傷メカニズムの解明日本臨床スポーツ医学会誌. 2012.10; 20(4); S211
76.柳下和慶, 榎本光裕, 堀江正樹, 下田学, 宗田大, 大川淳. 高気圧酸素の効果と適応およびメカニズム日本臨床スポーツ医学会誌. 2012.10; 20(4); S78
77.近藤伸平, 大川淳, 宗田大. 小児の膝蓋腱断裂の1 例関東整形災害外科学会雑誌. 2012.10; 43(5); 420
78.関矢一郎, 宗田大. 【成人の関節痛の臨床】軟骨治療の進歩 滑膜幹細胞による軟骨再生日本医師会雑誌.2012.11; 141(8); 1739
1.大川淳:【腰痛のサイエンス】 (第9章)腰痛治療に対するエビデンス 装具療法(解説/特集) 脊椎脊髄ジャーナル 25(4)、481-485、2012
2.川端茂徳、大川淳:脊髄誘発磁界 脊椎脊髄ジャーナル 25(2)141-143、2012
1.Oh Y: Stress fractures of bowing femoral shaft in the elderly – another cause of atypical femoral fractures. The 13th Biennial Conference, The International Society for Fracture Repair. (2012. 11)
2.Yoshii T: Synthesis, Characterization of Calcium Phosphates/Polyurethane Composites for Weight Bearing Implants. Orthopedic Research Society 58th Annual Meeting. (2012.2)
3.Yoshii T: Anterior cervical discectomy and fusion using hybrid graft of hydroxyapatite spacer and percutaneously harvested trephine bone. Cervical Spine Research Society Asia Pacific 3rd annual Meeting. (2012.4)
4.Yoshii T: Dynamic Changes in Spinal Cord Area in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Japanese Orthopedic Asociation Annual Meeting. (2012.5)
5.Yoshii T: Hybrid Grafting using bone marrow aspirate combined with porous beta-tricalcium phosphate and trephine bone for lumbar posterolateral spinal fusion. A prospective, comparative study versus local bone grafting. InternationalSociety for the Study of the Lumbar Spine 39th Annual Meeting. (2012.2)
6.Yoshii T: Porous/Dense Composite Hydroxyapatite For Use In Anterior Cervical Discectomy and Fusion. Cervical Spine Research Society 40th Annual Meeting. (2012.12)
7.Yoshii T: Dynamic Changes in Spinal Cord Compression in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Evaluated by Kinematic Computed Tomography Myelogram. Cervical Spine Research Society 40th Annual Meeting. (2012.12)
8.Sawamura C: How long and how frequently should we follow up patients with soft tissue sarcomas? European Musculoskeletal Oncology Society Meeting. (2012.5)
9.Sawamura C: Follow Up Strategies for Soft Tissue Sarcomas. Asia Pacific Musculoskeletal Tumor Society Meeting. (2012.9)
10.Sawamura C: How long and how frequently should we follow patients with soft tissue sarcomas? Musculoskeletal Skeletal Tumor Society Meeting. (2012.9)
11.Sawamura C: Follow Up Strategies for Soft Tissue Sarcomas. Connective Tissue Oncology Society Meeting. (2012.11)
12.Jinno T: Progressive bone atrophy around a stem with a proximal coating of arc-deposited titanium and hydroxyapatite. Japanese Orthopedic Asociation Annual Meeting. (2012.5)
13.Enomoto M: Both treadmill exercise and swimming induce increase of neurotrophic factors and synaptic proteins at the chronic phase after spinal cord injury. The 42th annual meeting of the Society for Neuroscience. (2012.10)
14.Hirai T: IntrathecalshRNA-AAV9 inhibits target protein expression in the spinal cord and dorsal root ganglia of adult mice. The 42th annual meeting of the Society for Neuroscience. (2012.10)
15.Yoshida H: Suppression of transient receptor potential vanilloid 1 in dorsal root ganglion mediated by small interfering RNA attenuates thermal allodynia in a mouse model of neuropathic pain. The 42th annual meeting of the Society for Neuroscience. (2012.10)
16.Taniyama T: Modified K-line In MRI Predicts Insufficient Decompression of Cervical Laminoplasty. The 40th Cervical Spine Research Society Annual Meeting. (2012.12)
17.Hirai T: A Comparison between Pregabalin and Non-steroid Anti-inflammation Drug(nsaid) for Treatment of Refractory Nerropathic Pain following Cervical Decompression Surgery: Prospective, Randomized Controlled Trial. First Report. The 40th Cervical Spine Research Society Annual Meeting. (2012.12)
18.Takeshi Muneta. Articular Cartilage Wear and its Background: Serum Glucosamine Content, Cartilage Hardness and Thickness in ACL Injured Knees.. ACL Study Group Meeting in Jackson Hole, 2012.02.14
19.Takeshi Muneta. Patellofemoral Joint. MPFL reconstruction – indications, technique, results.. Jaipur, India, CASM 2012 2012.11.09
20.Takeshi Muneta. ACL Symposium Case based interactive discussion on diagnostic dilemmas, surgical techniques, controversies in ACL surgery, bundle specific ACL reconstructions, paediatric ACL injuries, ACL tears with medial compartment osteoarthritis, failed ACL and revision ACL. . Jaipur, India, CASM 2012 2012.11.09
21.Takeshi Muneta. ICL1 – Double bundle ACL reconstruction Controversies & future directions in DB ACL reconstruction . Jaipur, India, CASM 2012 2012.11.09
22.Takeshi Muneta. Articular Cartilage. Cartilage repair – future directions. . Jaipur, India, CASM 2012 2012.11.10
1.大川淳:脊椎外科領域における医療安全の考え方. 日本脊椎脊髄病学会医療安全講習会(2012.4)
2.大川淳:脊椎脊髄疾患治療の留意点. 日本整形外科学会脊椎脊髄病医研修会(2012.8)
3.宇尾基弘、神野哲也、大川淳:人工股関節関節液中のTi,CoのXAFSによる状態分析. 第29回PFシンポジウム(2011.3)
4.神野哲也、古賀大介、麻生義則、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、大川淳、宗田大:脱臼しない人工股関節全置換術のための手術アプローチの選択と工夫. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.5)
5.谷口直史、神野哲也、古賀大介、麻生義則、高田ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:Wedge-taper stemにおける骨性固定の非獲得. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.5)
6.相澤純也、神野哲也、古賀大介、小山貴之、中丸宏二、森田定雄:変形性股関節症患者の最小関節裂隙幅と股関節可動域との関連. 第38回日本股関節学会(2011.10)
7.相澤純也、増田正、神野哲也、柳下和慶、小山貴之、中丸宏二、森田定雄:健常成人における3つの異なる上腕肢位での肩関節自動回旋角度の比較. 第42回日本人工関節学会(2012.02)
8.神野哲也、古賀大介,正岡智和,高田ちさと,山内裕樹,大川淳,森田定雄:人工股関節置換術における股関節回旋可動域:進入法別の術中・術後比較. 第49回日本リハビリテーション医学会(2012.5)
9.神野哲也、古賀大介、麻生義則、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、大川淳、宗田大:臼蓋形成不全症の骨形態と病態. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10)
10.神野哲也、古賀大介、麻生義則、森田定雄、長谷川清一郎、松原正明、大川淳、宗田大:セメントレス髄腔占拠型ストレートステム周囲の骨リモデリング. 第40回日本関節病学会(2012.11)
11.神野哲也、古賀大介、麻生義則、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、大川淳、宗田大:Porous Tantalumの基礎とCup使用経験. 第39回日本股関節学会(2012.12)
12.宮武和正、神野哲也、立石智彦、長谷川清一郎、土屋正光:股関節ガングリオンに対して股関節鏡視下手術を施行した1例. 第39回日本股関節学会(2012.12)
13.高橋晃、神野哲也、古賀大介、麻生義則、森田定雄、小谷野岳、高田ちさと、大川淳、宗田大:股関節に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の2例. 第39回日本股関節学会(2012.12)
14.高田ちさと、神野哲也、古賀大介、麻生義則、森田定雄、小谷野岳、大川淳、宗田大:術中筋誘発電位モニタリングで大腿神経不全麻痺を認知し得た前方進入THAの1例. 第39回日本股関節学会(2012.12)
15.小谷野岳、神野哲也、古賀大介、麻生義則、高田ちさと、森田定雄、松原正明、宗田大、大川淳:両側臼蓋形成不全症例に対し片側のみ寛骨臼回転骨切り術によって介入した例の長期成績. 第39回日本股関節学会(2012.12)
16.串田淑久、神野哲也、麻生義則、古賀大介、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、大川淳、宗田大:THA症例における静脈血栓塞栓症予防のための抗凝固薬の比較. 第39回日本股関節学会(2012.12)
17.谷口直史、神野哲也、古賀大介:人工股関節置換術におけるトラネキサム酸術前投与有効性の検討. 第39回日本股関節学会(2012.12)
18.古賀大介、神野哲也、麻生義則、谷口直史、高田ちさと、小谷野岳、川端茂徳、森田定雄、宗田大、大川淳:人工股関節全置換術後の神経合併症に対する術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位モニタリングの有用性と限界. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.5)
19.古賀大介、神野哲也、麻生義則、谷口直史、高田ちさと、小谷野岳、森田定雄、宗田大、大川淳:術前プロファイリングによる人工股関節全置換術後VTE予防薬の必要度判定. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.5)
20.古賀大介、神野哲也、麻生義則、谷口直史、高田ちさと、小谷野岳、森田定雄、宗田大、大川淳:術前データに基づく人工股関節全置換術後VTE予防薬の必要度判定. 第40回日本関節病学会(2012.11)
21.古賀大介、神野哲也:Flat Tapered Wedge StemにおけるStem長(STD vs Short). 第2回Biomet Hip & Knee Symposium(2012.11)
22.古賀大介、神野哲也、麻生義則、谷口直史、高田ちさと、小谷野岳、森田定雄、宗田大、大川淳:人工股関節全置換術におけるワイヤレス筋誘発電位モニタリング. 第39回日本股関節学会(2012.12)
23.山田剛史、早乙女進一、谷山崇、正岡智和、吉井俊貴、四宮謙一、大川淳:骨髄由来間葉系細胞(MSC)の質 骨形成抑制因子の同定. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10)
24.小柳津卓哉、吉井俊貴、請川大、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、榎本光裕、大川淳:腰椎変性後弯症患者における脊椎アライメントと表面筋電図を用いた腰背筋疲労評価. 第61回東日本整形災害外科学会(2012.9)
25.吉井俊貴、小柳津卓哉、角谷智、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川淳:人工骨と経皮的採取海綿骨ハイブリッド移植による頚椎椎体亜全摘前方固定術. 第61回東日本整形災害外科学会(2012.9)
26.橋本泉智、吉井俊貴、谷山崇、山田剛史、正岡智和、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、榎本光裕、早乙女進一、大川淳:頚椎前方除圧固定術における緻密質、多孔質緻密質複層ハイドロキシアパタイトの有用性. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
27.正岡智和、早乙女進一、湯浅将人、山田剛史、谷山崇、吉井俊貴、上坂優子、平野昌弘、森田定雄、大川淳:多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)移植による骨欠損治療後の骨形成、力学特性の評価. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10)
28.谷山崇、早乙女進一、山田剛史、正岡智和、吉井俊貴、上坂優子、平野昌弘、大川淳:多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)/BMP-2ハイブリッドの骨軟骨欠損修復に対する有効性の検討. 第27回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10)
29.吉井俊貴、早乙女進一、Gaucher Scott、大川淳:HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の局所投与、ポリウレタン足場材料を使用した骨再生. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
30.吉井俊貴、大川淳:走行型術中CTを使用した頚椎、上位胸椎椎弓根スクリュー挿入の精度について. 第21回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2012.11)
31.吉井俊貴、加藤剛、猪瀬弘之、川端茂徳、大川淳:fluoroscopic椎弓根軸写像、cannulatedタップを使用した腰仙椎椎弓根スクリュー挿入の精度. 第21回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2012.11)
32.猪瀬弘之、加藤剛、富澤将司、吉井俊貴、榊経平、請川大、榎本光裕、川端茂徳、大川淳:頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方・後方法の長期成績. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
33.猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳:OPLLの転写因子による調節. 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 第二回班会議(2012.12)
34.請川大、川端茂徳,富澤將司、榊経平、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、榎本光裕、大川淳:脊椎神経鞘腫に対する経頭蓋刺激筋・脊髄誘発電位を用いた術中モニタリングの有効性. 第33回脊髄機能診断研究会(2012.2)
35.請川大、川端茂徳、大川淳:経頭蓋電気刺激筋誘発電位を用いた術中脊髄モニタリングにおける経頭蓋Bi-phasic刺激法とMono-phasic刺激法(従来法)との比較. 第39回日本生体電気・物理刺激研究会(2012.3)
36.川端茂徳、加藤剛、富澤將司、吉井俊貴、猪瀬弘之、榊経平、請川大、大川淳:頚椎の後方要素による圧迫は下肢症状を惹起しやすい. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
37.富澤將司、大川淳,川端茂徳,加藤剛,吉井俊貴,猪瀬弘之,榊経平:頚椎症性脊髄症に対する広範囲椎弓形成術と選択的椎弓切除術の術後比較から見た電気生理学的障害診断の有効性. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
38.榊経平、川端茂徳,加藤剛,富澤將司,吉井俊貴,猪瀬弘之,請川大,大川淳:末梢神経刺激による脊髄誘発電位と脊髄誘発磁界の比較. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
39.請川大、川端茂徳、富澤將司、石井宣一、榊経平、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、大川淳:新しい刺激法による腰椎部での神経誘発磁界計測. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
40.請川大、榎本光裕、榊経平、富澤將司、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳:椎体圧迫骨折後偽関節を有する高齢者の低侵襲椎体形成術前後での腰背筋筋活動の変化. 第41回日本脊椎脊髄病学会(2012.4)
41.請川大、川端茂徳、富澤將司、榊経平、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、榎本光裕、大川淳:脊椎神経鞘腫に対する腫瘍発生神経根糸刺激の筋誘発電位を用いた術中モニタリングの有効性. 第86回日本整形外科学会(2012.5)
42.川端茂徳、加藤剛、富澤將司、吉井俊貴、猪瀬弘之、榊経平、請川大、大川淳:測定シーケンス機能付き筋電計とPC用USBフットスイッチを用いた術者のみでできる半自動マルチモダリティー術中脊髄モニタリング. 第86回日本整形外科学会(2012.5)
43.富澤將司、川端茂徳、加藤剛、吉井俊貴、大川淳:頚椎症性脊髄症に対する選択的単一椎弓切除術と広範囲椎弓形成術の治療成績. 第86回日本整形外科学会(2012.5)
44.榊経平、川端茂徳、請川大、富澤將司、大川淳:頚髄症患者の末梢神経刺激脊髄誘発磁界測定. 第86回日本整形外科学会(2012.5)
45.請川大、川端茂徳、榊経平、富澤將司、大川淳:腰部神経誘発磁界機能イメージング:腰椎疾患患者の無侵襲診断にむけて. 第27回日本生体磁気学会(2012.5)
46.榊経平、川端茂徳、富澤將司、友利正樹、請川大、大川淳:脊髄誘発磁界による脊髄機能診断のための基礎的研究:脊髄障害モデルを用いて. 第27回日本生体磁気学会(2012.5)
47.川端茂徳、富澤將司、榊経平、請川大、大川淳:磁気計測による脊髄機能イメージング:臨床応用の現状と展望. 第27回日本生体磁気学会(2012.5)
48.川端茂徳、請川大、富澤將司、榊経平、石井宣一、角谷智、榎本光裕、大川淳:脊髄神経鞘腫手術における術中モニタリング. 第42回日本臨床神経生理学会(2012.11)
49.請川大、川端茂徳、足立善昭、関原謙介、渡部泰士、岡本耕輔、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、榎本光裕、大川淳:腓骨神経刺激による腰椎部での神経誘発磁界測定. 第42回日本臨床神経生理学会(2012.11)
50.請川大、川端茂徳、足立善昭、関原謙介、渡部泰士、岡本耕輔、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、榎本光裕、大川淳:脊磁計による非侵襲的な腰椎椎間孔周囲の神経活動の可視化. 第42回日本臨床神経生理学会(2012.11)
51.澤村千草、松本誠一、阿江啓介、下地尚、谷澤泰介、五木田茶舞、小柳広高、大川淳:リンパ節転移のある軟部肉腫患者の長期予後. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.05)
52.新谷尚子、小柳広高、澤村千草、阿江啓介、大川淳:前腕筋肉内に発生した顆粒細胞腫の2例. 第61回東日本整形災害外科学会(2012.9)
53.朴金瑛、辻邦和、古賀大介、森田定雄、大川淳、竹田秀、麻生義則:サーチュイン遺伝子Sirt6による軟骨代謝制御. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
54.ハイラットアニ、越智広樹、岩田宗峻、古賀大介、佐野敦志、大川淳、麻生義則:マウス変形性膝関節症モデルにおいてプロシアニジンB3は関節軟骨を保護し、異所性骨化形成を予防する. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
55.岩田宗峻、越智広樹、原康、古賀大介、大川淳、麻生義則:短期高脂肪食負荷に対するマウス膝関節の初期組織学的反応. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
56.ハイラットアニ、越智広樹、岩田宗峻、古賀大介、佐野敦志、大川淳、麻生義則:マウス変形性膝関節症モデルに対するプロシアニジンB3の作用. 東京骨関節フォーラム(2012.7)
57.江川聡、望月智之、二村昭元、若林良明、鏑木秀俊、大川淳:化膿性肩鎖関節炎の2例. 第52回関東整形災害外科学会(2012.3)
58.鏑木秀俊、若林良明、二村昭元、大川淳:両側特発性手根管症候群の片側手術後における非手術側の臨床経過. 第55回日本手外科学会学術集会(2012.4)
59.若林良明、二村昭元、鏑木秀俊、大川淳:肘部管症候群の臨床評価における上肢障害評価表(DASH)の選択項目(スポーツ/芸術活動,仕事)の有用性の検討. 第55回日本手外科学会学術集会(2012.4)
60.二村昭元、若林良明、大川淳、秋田恵一:短橈側手根伸筋と回外筋との関係性に着目した解剖学的研究?外側上顆炎の病因について-. 第55回日本手外科学会学術集会(2012.4)
61.若林良明:VA-TCPを用いた橈骨遠位端骨折に対する治療 -Condylar Stabilizing法の手術手技-. 第55回日本手外科学会学術集会(ハンズオンセミナー)(2012.4)
62.二村昭元、若林良明、望月智之、加藤敦夫、宗田大、大川淳、秋田恵一:肩関節上方関節包は腱板上腕骨停止部を補強している -腱板変性断裂との関連-. 第85回日本整形外科学会学術総会(2012.5)
63.魚水麻里、二村昭元、田崎篤、望月智之、萩原嘉廣、中川照彦、秋田恵一:前・後上腕回旋動脈の起始, 経過, 分布に関する解剖学的知見. 第39回日本肩関節学会(2012.10)
64.島田皓子、請川円、平井高志、堀江正樹、柳下和慶、大川淳、榎本光裕:ラット脊髄損傷慢性期に対する運動療法の効果. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
65.吉田寛、平井高志、榎本光裕、請川円、早乙女進一、横田隆徳、大川淳:後根神経節でのTRPV1発現抑制による神経因性疼痛の制御. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
66.平井高志、榎本光裕、町田明、請川円、早乙女進一、横田隆徳、四宮謙一、大川淳:くも膜下腔投与によるshRNA-AAV serotype9は脊髄および後根神経節における内因性標的分子の発現を制御する. 第27回日本整形外科基礎学術集会(2012.10)
67.請川円、平井高志、鏑木秀俊、大川淳、榎本光裕:ラット脊髄損傷慢性期におけるトレッドミル運動効果が脊髄での神経栄養因子とシナプス関連タンパクに与える影響. 第35回日本神経科学大会(2012.9)
68.宗田大. 膝痛のメカニズムと治療法の選択. 第122 回北海道整形災害外科学会2012.01.28
69.宗田大. 変形性膝関節症の治療とエビデンス. 和歌山OA 講演会2012.02.02
70.宗田大、関矢一郎、柳下和慶、朱寧進、古賀英之、堀江雅史、中村智祐. 新しいプライマリー症例用PS 型人工膝関節の紹介と短期成績. 第42 回人工関節学会2012.02.25
71.宗田大. 市民公開講座「ひざの痛みとうまくつきあう~痛みの軽減から人工関節手術まで~」. JMM 2012.03.31
72.宗田大. 膝・ 足関節の痛みの病態と治療. 第4回東海ロコモサイトソマコ研究会2012.05.12
73.宗田大. 遺残組織温存ACL 再建術の意義と展望. 大和運動器疾患セミナー2012.06.22
74.宗田大. ロコモティブシンドロームと膝関節. 筑後臨床整形外科医会学術講演会2012.07.06
75.宗田大. 内側ハムストリング腱を用いた2 重束再再建術の成績と最近の工夫。パネルディスカッションACL再再建術:術式の工夫と成績. 第4 回JOSKAS 2012 2012.07.19
76.宗田大. 膝講義PCL 再建術. 第4 回JOSKAS セミナー2012.07.22
77.宗田大. 膝のスポーツ障害. 第30 回日本スポーツ整形外科医学会 ランチョンセミナー2012.09.14
78.宗田大. 外来における四肢の痛みの診方と私の治療アプローチ. 第9 回痛みの治療研究会2012.10.20
79.宗田大. 膝疾患の日常診療のピットフォール. 三木会学術講演会2012.11.16
80.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 関矢一郎. 解剖学的2重束ACL 再建術において初期張力の違いが膝制動性および張力変化に与える影響. 第87 回日本整形外科学会総会
1.平井高志:平成23 年度東京医科歯科大学医師会賞
Middle-Term Results of a Prospective Comparative Study of Anterior Decompression With Fusion and Posterior Decompression With Laminoplasty for the Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy
2.宮本崇:第25回 お茶の水会医科同窓会研究奨励賞
Intradiscal transplantation of synovial mesenchymal stem cells prevents intervertebral disc degeneration through suppression of matrix metalloproteinase-related genes in nucleus pulposus cells in rabbits
(最終更新:2016-07-24)
Return Top