東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

業績(2013年)

  • 英文原著
  • 和文原著
  • 総説
  • 英文学会発表
  • 和文学会発表
  • 受賞
  • 特許
1.Yoshii T, Yamada T, Hirai T, Taniyama T, Kato T, Enomoto M, Inose H, Sumiya S, Kawabata S, Shinomiya K, Okawa A. Dynamic Changes in Spinal Cord Compression by Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Evaluated by Kinematic Computed Tomography Myelography. Spine (Phila Pa 1976). 2013 Oct 22. [Epub ahead of print] 2.Arai Y, Hirai T, Yoshii T, Sakai K, Kato T, Enomoto M, Matsumoto R, Yamada T, Kawabata S, Shinomiya K, Okawa A. A Prospective Comparative Study of Two Minimally Invasive Decompression Procedures for Lumbar Spinal Canal Stenosis – Unilateral Laminotomy for Bilateral Decompression (ULBD) versus Muscle-preserving Interlaminar Decompression (MILD). Spine (Phila Pa 1976). 2013 Nov 13. [Epub ahead of print] 3.Yoshii T, Yuasa M, Sotome S, Yamada T, Sakaki K, Hirai T, Taniyama T, Inose H, Kato T, Arai Y, Kawabata S, Tomizawa S, Enomoto M, Shinomiya K, Okawa A. Porous/Dense Composite Hydroxyapatite for Anterior Cervical Discectomy and Fusion. Spine (Phila Pa 1976). 2013 May 1;38(10):833-40.
4.Egawa S, Yoshii T, Sakaki K, Inose H, Kato T, Kawabata S, Tomizawa S, Okawa A. Dural closure for the treatment of superficial siderosis. Journal of Neurosurgery Spine. J Neurosurg Spine. 2013 Apr;18(4):388-93.
5.Yamada T, Yuasa M, Masaoka T, Taniyama T, Maehara H, Torigoe I, Yoshii T, Shinomiya K, Okawa A, Sotome S.: After repeated division, bone marrow stromal cells express inhibitory factors with osteogenic capabilities, and EphA5 is a primary candidate. Bone. Dec;57(2):343-54, 2013
6.Sasaki K, Inose H, Kawabata S, Yoshii T, Kato T, Saito M, Okawa A. Combinedsurgical and radiosurgical treatment for a symptomatic cervical metastasis in acase of malignant paraganglioma: a case report. BMC Res Notes. 2013 Dec 1;6:494.
7.Ukegawa D, Kawabata S, Sakaki K, Ishii S, Tomizawa S, Inose H, Yoshii T, Kato T, Enomoto M, Okawa A. Efficacy of biphasic transcranial electric stimulation in intraoperative motor evoked potential monitoring for cervical compressionmyelopathy. Spine (Phila Pa 1976). (In press)
8.Araya N, Inose H, Kato T, Saito M, Sumiya S, Yamada T, Yoshii T, Kawabata S, Okawa A. A spinal deformity caused by hyper IgE syndrome: A case report. J Neurosurg Spine. (In press)
9.Wakasugi T, Shirasaka R, Kimura H, Wakabayashi Y: Flexor tendon rupture of the little finger caused by calcium pyrophosphate dehydrate crystal deposition disease of the pisotriquetrum joint. Hand Surgery, 18(3):413-415, 2013.
10.Sawamura C, Matsumoto S, Shimoji T, Ae K, Okawa: Lymphadenectomy and histologic subtype affect overall survival of soft tissue sarcoma patients with nodal metastases. Clin Orthop Relat Res. Mar;471(3):926-31, 2013
11.Koyanagi H, Ae K, Maehara H, Yuasa M, Masaoka T, Yamada T, Taniyama T, Saito M, Funauchi Y, Yoshii T, Okawa A, Sotome S: Massive Bone Reconstruction with Heat-Treated Bone Graft Loaded Autologous Bone Marrow-Derived Stromal Cells and b-Tricalcium Phosphate Composites in Canine Models. Journal of orthopaedic research. Aug;31(8):1308-16, 2013
12.Yamada T, Yuasa M, Masaoka T, Taniyama T, Maehara H, Torigoe I, Yoshii T, Shinomiya K, Okawa A, Sotome S: After repeated division, bone marrow stromal cells express inhibitory factors with osteogenic capabilities, and EphA5 is a primary candidate. Bone Dec;57(2):343-54, 2013
13.Ichinose S, Tagami M, Muneta T, Mukohyama H, Sekiya I. Comparative sequential morphological analyses during in vitro chondrogenesis and osteogenesis of mesenchymal stem cells embedded in collagen gels. Med Mol Morphol. 2013.01;
14.Mochizuki Tomoyuki, Nimura Akimoto, Tateishi Tomohiko, Yamaguchi Kumiko, Muneta Takeshi, Akita Keiichi. Anatomic study of the attachment of the medial patellofemoral ligament and its characteristic relationships to the vastus intermedius. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.02; 21(2); 305-310
15.Miyatake Kazumasa, Tsuji Kunikazu, Yamaga Mika, Yamada Jun, Matsukura Yu, Abula Kahaer, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. Human YKL39 (chitinase 3-like protein 2), an osteoarthritis-associated gene, enhances proliferation and type II collagen expression in ATDC5 cells. Biochem Biophys Res Commun. 2013.02; 431(1); 52-57
16.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Ju Young-Jin, Mochizuki Tomoyuki, Horie Masafumi, Nakamura Tomomasa, Okawa Atsushi, Sekiya Ichiro. Effect of posterolateral bundle graft fixation angles on graft tension curves and load sharing in double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction using a transtibial drilling technique. Arthroscopy. 2013.03; 29(3); 529-538
17.Yamazaki Junya, Muneta Takeshi, Ju Young-Jin, Koga Hideyuki, Morito Toshiyuki, Sekiya Ichiro. The kinematic analysis of female subjects after double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction during single-leg squatting. J Orthop Sci. 2013.03; 18(2); 284-289
18.Yagi Shigenori, Muneta Takeshi, Sekiya Ichiro. Incidence and risk factors for medial tibial stress syndrome and tibial stress fracture in high school runners. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.03; 21(3); 556-563
19.Watanabe Toshifumi, Muneta Takeshi, Sekiya Ichiro, Banks Scott A. Intraoperative joint gaps affect postoperative range of motion in TKAs with posterior-stabilized prostheses. Clin Orthop Relat Res. 2013.04; 471(4); 1326-1333
20.Watanabe Toshifumi, Ishizuki Masafumi, Muneta Takeshi, Banks Scott A. Knee kinematics in anterior cruciate ligament-substituting arthroplasty with or without the posterior cruciate ligament. J Arthroplasty. 2013.04; 28(4); 548-552
21.Hatsushika Daisuke, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Yamaguchi Kumiko, Muneta Takeshi, Akita Keiichi. Attachments of separate small bundles of human posterior cruciate ligament: an anatomic study. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.05; 21(5); 998-1004
22.Katagiri Hiroki, Muneta Takeshi, Tsuji Kunikazu, Horie Masafumi, Koga Hideyuki, Ozeki Nobutake, Kobayashi Eiji, Sekiya Ichiro. Transplantation of aggregates of synovial mesenchymal stem cells regenerates meniscus more effectively in a rat massive meniscal defect. Biochem Biophys Res Commun. 2013.06; 435(4); 603-609
23.Hatsushika Daisuke, Muneta Takeshi, Horie Masafumi, Koga Hideyuki, Tsuji Kunikazu, Sekiya Ichiro. Intraarticular injection of synovial stem cells promotes meniscal regeneration in a rabbit massive meniscal defect model. J Orthop Res. 2013.09; 31(9); 1354-1359
24.Horie Masafumi, Muneta Takeshi, Yamazaki Junya, Nakamura Tomomasa, Koga Hideyuki, Watanabe Toshifumi, Sekiya Ichiro. A modified quadrant method for describing the femoral tunnel aperture positions in ACL reconstruction using two-view plain radiographs. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.11;
25.Ozeki Nobutake, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Katagiri Hiroki, Otabe Koji, Okuno Makiko, Tsuji Kunikazu, Kobayashi Eiji, Matsumoto Kenji, Saito Hirohisa, Saito Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Transplantation of Achilles tendon treated with bone morphogenetic protein 7 promotes meniscus regeneration in a rat model of massive meniscal defect. Arthritis Rheum. 2013.11; 65(11); 2876-2886
26.Nakamura Tomomasa, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Kobayashi Eiji. [ Articular cartilage regenerative therapy with synovial mesenchymal stem cells in a pig model] . Clin Calcium. 2013.12; 23(12); 1741-1749
1.小柳津卓哉, 吉井俊貴, 請川大, 榎本光裕, 川端茂徳、大川淳:脊椎変性後弯症患者における表面筋電図を用いた腰背筋疲労評価と脊椎矢状面アライメント. 整形・災害外科 2013年06月号(56巻 07号) 831-837
2.請川大、榎本光裕, 富澤將司, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 川端茂徳, 大川淳. 胸腰椎椎体骨折後偽関節に対する椎体形成術後の腰背筋筋活動評価-表面筋電図を用いた検討. 別冊整形外科.6332-38,2013.4
3.加藤剛、大川淳:腰椎疾患up-to-date 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する経椎弓根的椎体造影および椎体ブロックを用いた椎体形成術前評価.別冊整形外科63巻.p138-142. 2013. 南江堂
4.加藤剛、大川淳:腰椎疾患up-to-date 骨粗鬆症性椎体骨折に対する局所麻酔下鏡視下でのリン酸カルシウムセメントを用いた経皮的椎体形成術.別冊整形外科63巻.P153-159. 2013. 南江堂
5.片桐健太、神野哲也、麻生義則、古賀大介、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:THA症例 metal-on-highly cross-linked polyethylene bearingを用いた人工股関節全置換術(THA)術後7年で発症した腫瘤性病変により、大腿神経麻痺を生じた1例. 日本人工関節学会誌(1345-7608)43巻 Page549-550(2013.12)
6.串田淑久、神野哲也、古賀大介、小谷野岳、高田ちさと、麻生義則:THA症例における静脈血栓塞栓症予防のための抗凝固薬の比較検討. Hip Joint(0389-3634)39巻 Page988-991(2013.08)
7.谷口直史、神野哲也、古賀大介:人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸術前投与有効性の検討. Hip Joint(0389-3634)39巻 Page841-844(2013.08)
8.星野ちさと、古賀大介、神野哲也、麻生義則、小谷野岳、森田定雄、宗田大、大川淳:Hip術中筋誘発電位モニタリングで大腿神経損傷を認知しえた前方進入THAの1例. Hip Joint(0389-3634)39巻 Page811-815(2013.08)
9.高橋晃、神野哲也、麻生義則、古賀大介、小谷野岳、宗田大、大川淳:股関節に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の2例. Hip Joint(0389-3634)39巻 Page735-738(2013.08)
10.小谷野岳、神野哲也、古賀大介、麻生義則、星野ちさと、宗田大、大川淳、森田定雄、松原正明:両側臼蓋形成不全症例に対し片側のみ寛骨臼回転骨切り術によって介入した例の長期経過. Hip Joint(0389-3634)39巻 Page295-299(2013.08)
11.鈴木知美、古賀大介:人工股関節全置換術を施行した患者の術後自己リハビリテーションの意欲向上に関する調査 看護師用ガイドラインを導入して. Hip Joint(0389-3634)39巻Suppl. Page51-54(2013.08)
12.若杉琢磨, 加瀬雅士, 若林良明, 鈴木英嗣, 二村昭元:一次性変形性手関節症に対して橈骨月状骨間固定術を行った1例. 整形外科, 64(2):127-130, 2013.
13.加瀬雅士, 若杉琢磨, 若林良明, 鈴木英嗣, 二村昭元:徒手整復不能であった示指遠位指節間関節開放脱臼の1例. 整形外科, 64(3):237-239, 2013.
14.鏑木秀俊, 若林良明, 二村昭元, 平井高志, 大川淳:両側特発性手根管症候群の片側手術後における非手術側の臨床経過. 日本手外科学会雑誌, 29(5):470-472, 2013.
15.若杉琢磨, 古俣正人, 若林良明:年長児に生じた肩鎖関節偽性脱臼の3例. 骨折, 35(1):198-201, 2013.
16.雨宮正樹, 志村治彦, 新井嘉容, 奥田直樹, 片山隆之, 上小鶴正弘, 若林良明, 大川淳:豆状三角骨関節の変形性関節症による小指屈筋腱皮下断裂の1例. 関東整形災害外科学会雑誌, 44(3):71-75, 2013.
17.菅田祐美, 太田剛, 若林良明, 石突正文:徒手整復不能であったPIP関節掌側回旋脱臼の1例 文献的考察を中心に. 日本手外科学会雑誌, 29(6):786-789, 2014.
18.鈴木英嗣, 若林良明, 二村昭元, 大川淳:重度手根管症候群における第2虫様筋複合筋活動電位の有用性. 日本手外科学会雑誌, 30(3):245-247, 2013.
19.関矢一郎, 宗田大. 【骨・ 軟骨形成の分子メカニズムと再生医療】滑膜由来幹細胞による軟骨再生医療細胞. 2013.01; 45(1); 18-22
20.堀江雅史, 宗田大, 関矢一郎. 【再生医療の実現化に向けて】滑膜由来間葉系幹細胞による膝半月板再生炎症と免疫. 2013.02; 21(2); 148-156
21.高田将規, 関矢一郎, 朱寧進, 宗田大. 人工膝関節置換術後の機能改善に対する全身振動トレーニングの有用性の検討JOSKAS. 2013.04; 38(2); 224-225
22.江面陽一, 早田匡芳, 納冨拓也, 野田政樹, 関矢一郎, 宗田大. 滑膜・ 半月板および靱帯由来間葉系幹細胞における選択的発現遺伝子の同定日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2013.05; 31 回; 99
23.宗田大. スポーツによるオーバーユース障害膝のオーバーユース障害運動器リハビリテーション. 2013.06;24(2); 125
24.中川裕介, 浅野浩司, 立石智彦, 宗田大. 陸上短距離選手に生じた坐骨結節剥離骨折偽関節の一例JOSKAS.2013.06; 38(3); 801-806
25.林将也, 宗田大, 池田浩夫, 立石智彦, 古賀英之, 望月智之, 朱寧進, 吉村英哉, 長瀬寅, 関矢一郎. 前十字靱帯再建術後感染症例におけるアトピー性皮膚炎についての多施設後ろ向き調査JOSKAS. 2013.06; 38(3);671-674
26.高田将規, 関矢一郎, 朱寧進, 宗田大. 人工膝関節置換術後の機能改善に対する全身振動トレーニングの検討JOSKAS. 2013.06; 38(3); 563-567
27.神野哲也, 古賀大介, 星野ちさと, 小谷野岳, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 整形外科領域における医療安全管理人工股関節全置換術における稀な合併症と対策日本整形外科学会雑誌. 2013.06; 87(6);S1079
28.塚田幸行, 藤代瞳, 加藤敦夫, 二村昭元, 望月智之, 山口久美子, Mahakkanukrauh Pasuk, 安田和則, 宗田大, 秋田恵一. Femoral lateral intercondylar ridge の個体差JOSKAS. 2013.06; 38(4); 537
29.渡邊敏文, 宗田大, 関矢一郎, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐. 新しい日本人向け後方安定型人工膝関節の短期成績JOSKAS. 2013.06; 38(4); 382
30.渡邊敏文, 宗田大, 関矢一郎, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, バンクス・ スコット. ロボット支援モジュール式人工膝関節の生体内キネマティクスJOSKAS. 2013.06; 38(4); 375
31.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 関矢一郎. 解剖学的2 重束ACL再建術における大腿骨孔位置が移植腱張力変化及び膝制動性に与える影響JOSKAS. 2013.06; 38(4); 353
32.熊井司, 宗田大, 土屋明弘, 白石正治, 石崎嘉孝, 杉本和也, 佐本憲宏, 磯本慎二, 田中康仁, 高倉義典.スポーツでのオーバーユース障害の評価と対策オーバーユース障害への新しい治療法 腱・ 靱帯付着部症に対する高分子ヒアルロン酸単回投与の効果についてJOSKAS. 2013.06; 38(4); 331
33.中村智祐, 望月智之, 二村昭元, 宗田大, 秋田恵一. 前十字靱帯脛骨側付着部の解剖学的研究 外側半月板から連続する線維構造JOSKAS. 2013.06; 38(4); 320
34.中村智祐, 宗田大, 関矢一郎, 渡邊敏文, 古賀英之, 堀江雅史. 習慣性膝蓋骨脱臼に対する脛骨粗面前内側移動術の長期成績JOSKAS. 2013.06; 38(4); 315
35.宗田大. 【関節鏡視下手術と術後リハビリテーション】 手術編膝関節 膝前十字靱帯再建術 ハムストリングス腱使用例臨床スポーツ医学. 2013.07; 30(臨増); 104-107
36.若林良明, 望月智之, 林将也, 宗田大, 大川淳. トップレベルラグビー選手の手根部外傷の治療経験日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2013.08; 33(4); 425
37.星野ちさと, 古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 小谷野岳, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 術中筋誘発電位モニタリングで大腿神経損傷を認知しえた前方進入THA の1 例Hip Joint. 2013.08; 39; 811-815
38.高橋晃, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 小谷野岳, 宗田大, 大川淳. 股関節に発生した色素性絨毛結節性滑膜炎の2 例Hip Joint. 2013.08; 39; 735-738
39.小谷野岳, 神野哲也, 古賀大介, 麻生義則, 星野ちさと, 宗田大, 大川淳, 森田定雄, 松原正明. 両側臼蓋形成不全症例に対し片側のみ寛骨臼回転骨切り術によって介入した例の長期経過Hip Joint. 2013.08; 39;295-299
40.堀江正樹, 榎本光裕, 下田学, 宗田大, 大川淳, 柳下和慶. 高気圧・ 高酸素曝露が骨格筋損傷回復過程へ与える影響について日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1603
41.大関信武, 関矢一郎, 辻邦和, 片桐洋樹, 奥野真起子, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 齋藤知行, 大川淳, 宗田大. ラット前十字靱帯損傷モデルで滑膜間葉系幹細胞の関節内毎週投与は軟骨変性を抑制する日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1574
42.松多誠也, 大関信武, 関矢一郎, 片桐洋樹, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 辻邦和, 齋藤知行, 大川淳, 宗田大. 滑膜幹細胞投与はアキレス腱移植による半月板再建治癒を促進する日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1570
43.関矢一郎, 堀江雅史, 古賀英之, 中村智祐, 初鹿大祐, 片桐洋樹, 中川裕介, 松倉遊, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 骨関節の再生医療の現状と展望滑膜幹細胞による半月板再生日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8);S1543
44.大関信武, 関矢一郎, 辻邦和, 片桐洋樹, 奥野真起子, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 齋藤知行, 大川淳, 宗田大. ラット変形性膝関節症モデルにおける関節内投与した滑膜間葉系幹細胞の遺伝子発現変化日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1454
45.宇土美於, 関矢一郎, 大関信武, 中川裕介, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. モノヨード酢酸の投与量の違いによるラット関節炎モデルの評価日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1421
46.柳澤克昭, 関矢一郎, 大関信武, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. ヒアルロン酸関節内注射はラット半月板部分切除による変形性膝関節症進行を抑制する日本整形外科学会雑誌. 2013.08;87(8); S1420
47.山田淳, 辻邦和, 宮武和正, 松倉遊, Kahaer Abula, 大川淳, 関矢一郎, 宗田大. マウスの系統の違いによる遺伝的背景の差が卵巣摘除後の強制走行モデルにおける軟骨変性の重症度を変化させる日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1414
48.齋藤龍佑, 関矢一郎, 大関信武, 中川裕介, 宇土美於, 柳澤克昭, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 炎症とメカニカルストレスが関節軟骨変性に与える影響 ラットMIA& 強制走行モデルの解析日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1411
49.中川裕介, 関矢一郎, 近藤伸平, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 松多誠也, 初鹿大祐, 長田剛, 田渕隆, 古賀英之,辻邦和, 大川淳, 宗田大. ブタ損傷半月板に対するMRI T1rho マッピングと組織学的評価日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1409
50.尾島美代子, 関矢一郎, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 間葉系幹細胞の軟骨分化能評価の際に細胞数をどこまで減少できるか日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1408
51.近藤伸平, 関矢一郎, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 滑膜幹細胞の増殖・ 軟骨分化に対するROCK 阻害剤の影響日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1407
52.山田淳, 辻邦和, 宮武和正, 松倉遊, Kahaer Abula, 大川淳, 関矢一郎, 宗田大. Follistatin の関節内投与は滑膜炎症を緩和し、carrageenan 誘導性関節炎における関節軟骨破壊を抑制する日本整形外科学会雑誌.2013.08; 87(8); S1404
53.尾島美代子, 関矢一郎, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 滑膜採取後に膝関節液中の間葉系幹細胞は増加する日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1402
54.Kahaer Abula, 辻邦和, 宮武和正, 片桐洋樹, 山田淳, 松倉遊, 井上牧子, 大川淳, 関矢一郎, 宗田大. 内在性のBMP7 は滑膜の炎症に対して抑制的に機能し加齢に伴う軟骨の退行変性を予防する日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1398
55.中川裕介, 関矢一郎, 近藤伸平, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 松多誠也, 初鹿大祐, 長田剛, 田渕隆, 古賀英之,辻邦和, 大川淳, 宗田大. ブタ正常半月板におけるMRI T1rho マッピングと組織所見の対応日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1373
56.松倉遊, 関矢一郎, 辻邦和, 宮武和正, 山田淳, Kahaer Abula, 井上牧子, 大川淳, 宗田大. 滑膜炎症の程度と滑膜間葉系幹細胞の収量は相関する マウスモデルでの検討日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8);S1326
57.中川裕介, 関矢一郎, 大関信武, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 松多誠也, 松倉遊, 片桐洋樹, 鈴木志郎, 堀江雅史, 古賀英之, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 骨髄間葉系幹細胞はin vitro ペレット培養系およびin vivo の軟骨欠損部の移植でルブリシンを発現した日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1323
58.宗田大. 変形性膝関節症に対する私たちの取り組み日本整形外科学会雑誌. 2013.08; 87(8); S1285
59.近藤崇史, 福井勉, 宗田大. 片脚着地動作の動作解析 前額面における相互関係に着目して日本臨床スポーツ医学会誌. 2013.10; 21(4); S208
60.中村智祐, 関矢一郎, 宗田大, 山本晴康. 後脛骨筋腱機能不全によりactive flatfoot を呈した1 例日本足の外科学会雑誌. 2013.10; 34(2); S308
61.柳澤克昭, 渡邊敏文, 関矢一郎, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 宗田大. 新しい日本人向け後方安定型人工膝関節の短期成績日本関節病学会誌. 2013.10; 32(3); 365
62.松本連平, 渡邊敏文, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 関矢一郎, 宗田大. 抗生剤入りセメントインプラントを用いて治療した人工膝関節全置換術後感染例の中期成績日本関節病学会誌. 2013.10; 32(3); 364
63.中川裕介, 関矢一郎, 柳澤克昭, 宗田大. ブタ損傷半月板に対するMRI T1rho マッピングと組織学的評価日本関節病学会誌. 2013.10; 32(3); 243
64.中田研, 石橋恭之, 井手淳二, 内田宗志, 黒田良祐, 杉山肇, 田中康仁, 宗田大, 越智光夫. 日本における関節鏡手術治療の実態 2012JOSKAS 学会手術実態調査より日本関節病学会誌. 2013.10; 32(3); 238
65.宗田大. 【・ 靱帯付着部症の最近の展開】膝蓋腱炎(ジャンパー膝) の治療update 整形・ 災害外科. 2013.10;56(11); 1371-1376
66.辻邦和, 片桐洋樹, 中村香織, 関矢一郎, 宗田大. 前十字靱帯再建術の手術侵襲に伴う関節疼痛の重症度は、術後の関節液中のCD105 陽性細胞数に逆相関するJournal of Musculoskeletal Pain Research. 2013.11;5(3); S24
67.中村智祐, 関矢一郎, 宗田大, 小林英司. 【骨・ 軟骨疾患と再生】滑膜間葉系幹細胞による軟骨再生治療 ミニブタモデルでの検討Clinical Calcium. 2013.11; 23(12); 1741-1749
68.片桐健太, 神野哲也, 麻生義則, 古賀大介, 小谷野岳, 高田ちさと, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. THA 症例 metal-on-highly cross-linked polyethylene bearing を用いた人工股関節全置換術(THA) 術後7 年で発症した腫瘤性病変により、大腿神経麻痺を生じた1 例日本人工関節学会誌. 2013.12; 43; 549-550
69.関矢一郎, 初鹿大祐, 宗田大. 【膝半月板損傷診療マニュアル】半月板治療の限界と将来展望 滑膜幹細胞による半月板再生Orthopaedics. 2013.12; 26(13); 73-79
1.瀬川裕子、西須孝、柿崎潤、亀ヶ谷真琴、神野哲也、大川淳:【小児整形外科疾患 診断・治療の進歩】手術的治療の進歩 股関節疾患 高齢発症Perthes病に対する大腿骨転子部屈曲骨切り術の短期成績. 別冊整形外科(0287-1645)64号 Page141-145(2013.10)
2.神野哲也、古賀大介、森田定雄:【人工股関節の脱臼】人工股関節脱臼対策における進入法選択と術中・術後の股関節可動域. 整形・災害外科(0387-4095)56巻10号 Page1265-1272(2013.09)
3.若林良明, 二村昭元, 大川淳:【手の外科-最新の話題-】(Part2)臨床 診断 上肢における患者立脚評価. Bone Joint Nerve, 3(2):207-212, 2013.
4.藤田浩二, 竹田秀:ビタミンEは破骨細胞融合を刺激し,骨量減少をひき起こす. リウマチ科, 49(3):352-357, 2013.
5.1. 早乙女進一:間葉系幹細胞を用いた骨再生(解説/特集)血液フロンティア 13(4):45(479)-52(486), 2013
6.2. 谷山崇:多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(HAp/Col)臨床雑誌 整形外科65(3): 256, 2013
1.A Hybrid Grafting using Porous/ Dense Composite Hydroxyapatite combined with Percutaneously Harvested Trephine Bone For Anterior Cervical Discectomy and Fusion Yoshii T, Yuasa M, hirai T, Kawabata S, Kato T, Inose H, Shinomiya K, Okawa A. The 42nd Japanese Society for Spine Surgery and Related Research Annual meeting (2013.4)
2.Dynamic Changes in Spinal Cord Compression in Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Evaluated By Kinematic Computed Tomography Myelography. Yoshii T, Yamada T, Sumiya S, Inose H, Kato T, Kawabata S, Shinomiya K, Okawa A Cervical Spine Research Society Asia Pacific 4th annual Meeting (2013.4)
3.Anterior Cervical Corpectomy and Fusion using Hydroxyapatite Block for Ossification of Posterior Longitudinal Ligament. Yoshii T, Yamada T, Sumiya S, Ukegawa D, Inose H, Kato T, Enomoto M, Kawabata S,Okawa A The 86th annual meeting, Japanese Orthopedic Association Annual Meeting. (2013.5)
4.Yamada T: The effect of the quality of human bone marrow mesenchymal stromal cells (hMSCs) on bone formation. Orthopaedic Research Society 59th Annual meeting. (2013.2)
5.Yuko Segawa, Makoto Kamegaya, Takashi Saisu, Mitsuaki Morita, Jun Kakizaki, Tetsuya Jinno, Atsushi Okawa: Treatment outcome of open reduction with and without Salter innominate osteotomy for developmental dislocation of the hip. 9th APOA Paediatric Section Congress (2013.8)
6.Daisuke Koga, Tetsuya Jinno, Shigenori Kawabata, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa: 14th EFFORT (2013.6)
7.Fujita K: Isolation and Characterization of Human Osteoblasts From Needle Biopsies Without In Vitro Culture. ASBMR annual meeting, 2013. (2013.10)
8.Yuasa M, Yamada T, Masaoka T, Yoshii T, Shinomiya K, Okawa A, Sotome S: The synegestic effects of dexamethasone and BMP-2 on osteogenesis in vitro and in vivo. 59th Annuial meeting of the orthopaedic research society (2013. 1)
9.Yamada T, Yuasa M, Masaoka T, Taniyama T, Yoshii T, Okawa A, Sotome S: The effectof the quality of human bone marrow mesenchymal cells (hMSCs) on bone formation. 59th Annuial meeting of the orthopaedic research society (2013. 1)
10.Koyanagi H, Ae K, Yuasa M, Masaoka T, Yamada T, Taniyama T, Yoshii T, Saito M, Okawa A, Sotome S: Massive bone reconstruction with heat-treated bone graft loaded autologous bone marrow derived stromal cells and beta-tricalcium phosphate composites in canine models. 59th Annuial meeting of the orthopaedic research society (2013. 1)
1.小柳津卓哉、吉井俊貴、請川大、榎本光裕、川端茂徳、大川淳:椎変性後弯症患者における表面筋電図を用いた腰背筋疲労評価と脊椎矢状面アライメント 第3回日本成人脊柱変形学会(2013.3)
2.吉井俊貴、加藤剛、猪瀬弘之、川端茂徳、大川淳:fluoroscopic椎弓根軸写像、cannulatedタップを使用した腰仙椎椎弓根スクリュー挿入の精度と逸脱要因の検討 第42回日本脊椎脊髄病学会(2013.4)
3.吉井俊貴、加藤剛、山田剛史、角谷智、猪瀬弘之、川端茂徳、大川淳:骨化占拠率の大きい(≧50%)頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較. 第22回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2013.10)
4.吉井俊貴、加藤剛、山田剛史、角谷智、猪瀬弘之、川端茂徳、大川淳:走行型術中CT使用による頚椎椎弓根スクリュー挿入精度向上の工夫. 第22回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2013.10)
5.吉井俊貴、角谷智、加藤剛、山田剛史、榊経平、友利正樹、坂井顕一郎、折井久弥、川端茂徳、新井嘉容、佐藤浩一、大川淳高齢者、骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 -前後方再建手術との比較、多施設研究. 第22回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2013.10)
6.吉井俊貴、加藤剛、猪瀬弘之、川端茂徳、大川淳:骨化占拠率の大きい(≧50%)頚椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較. 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究 第二回班会議(2013.12)
7.請川大、川端茂徳, 角谷智, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳:脊磁計による非侵襲的な腰椎椎間孔周囲の神経活動の可視化. 第42回日本脊椎脊髄病学会(2013.4) 
8.請川大、川端茂徳, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳:脊磁計による非侵襲的な腰椎椎間孔周囲の神経活動の可視化. 第87回日本整形外科学会(2013.5)
9.齊藤正徳、猪瀬弘之、加藤剛、吉井俊貴、山田剛史、谷山崇、角谷智、榎本光裕、早乙女進一、川端茂徳、大川淳:後縦靭帯骨化症の発生、進展に関与する遺伝子の検索. 第42回脊椎脊髄病学会(2013.4)
10.齊藤正徳、猪瀬弘之、早乙女進一、川端茂徳、榎本光裕、加藤剛、吉井俊貴、山田剛史、谷山崇、請川大、角谷智、大川淳:後縦靭帯骨化症(OPLL)の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
11.新谷尚子、小沼博明、角谷智、山田剛史、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳:高IgE症候群に伴う脊椎圧迫骨折に対して脊椎固定術を行った一例. 第53回関東整形災害外科学会(2013.3)
12.佐々木研、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳:悪性パラガングリオーマの頚椎転移. 第62回東日本整形災害外科学会(2013.9)
13.加藤剛、大川淳、四宮謙一ほか:骨粗鬆症椎体骨折後偽関節に対する種々椎体形成術の多施設共同比較研究. 第86回日本整形外科学会学術総会(2013.5)
14.加藤剛、吉井俊貴、猪瀬弘之、請川大、山田剛史、角谷智、小柳津卓哉、榎本光裕、川端茂徳、大川淳:当科における脊椎手術後感染の評価-術後予防的抗菌薬使用期間別の検討-. 第86回日本整形外科学会学術総会(2013.5)
15.加藤剛、柳下和慶、小柳津卓哉、大川淳:胸腰椎多椎間化膿性脊椎炎に対する前方後方固定術併用による治療成績. 第36回日本骨・関節感染症学会(2013.7)
16.加藤剛、吉井俊貴、猪瀬弘之、請川大、山田剛史、角谷智、川端茂徳、大川淳:骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体形成術の術後成績-局麻下経皮的内視鏡使用でのCPCによる椎体形成術とBKPとの比較検討-. 第21回日本腰痛学会(2013.11)
17.加藤剛、沼野藤希、大川淳:胸髄に発症した肥厚性硬膜炎の検討. 第48回日本脊髄障害医学会(2013.11)
18.宮坂健、神野哲也、赤石孝一、原田義忠、川崎雅史、中田活也、松下功:Tri-lock bone preservation stem を用いたTHAの短期成績. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
19.古賀大介、神野哲也、高田亮平、平尾昌之、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳:Wedge taper stemを用いた人工股関節全置換術における術後早期のステム周囲放射線透過像の変化. 第40回日本股関節学会(2013.11)
20.古賀大介、川端茂徳、神野哲也、麻生義則、小谷野岳、星野ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:人工股関節全置換術におけるワイヤレス筋電計を用いた筋誘発電位モニタリング. 第86回日本整形外科学学術総会(2013.5)
21.古賀大介、川端茂徳、大川淳:人工股関節全置換術におけるワイヤレス筋誘発電位モニタリング. 第43回日本臨床神経生理学会(2013.11)
22.高田亮平、神野哲也、古賀大介、宮武和正、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳:ステム長の違いがステムの前捻とアライメントに及ぼす影響. 第40回日本股関節学会(2013.11)
23.山内裕樹:人工股関節置換術周術期の疼痛に対するトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠の効果の検討. 第40回日本股関節学会(2013.11)
24.山内裕樹、神野哲也、奥田和弘:Wedge taper stem使用THAで再置換に至った症例. 第28回沖縄関節外科研究会(2013.9)
25.山内裕樹、神野哲也、古賀大介、高田亮平、平尾昌之、谷口直史、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳:Tapered wedgeステムと大径骨頭metal-on-metal摺動面使用人工股関節全置換術後早期に再置換を要した一例. 第40回日本股関節学会(2013.11)
26.小谷野岳、神野哲也、麻生義則、古賀大介、高田ちさと、山内裕樹、森田定雄、宗田大、大川淳:両側同時THA例におけるストレートステムとアナトミカル・ショート・ステムの中期成績比較. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
27.小谷野岳、神野哲也、麻生義則、古賀大介、高田ちさと、山内裕樹、森田定雄、宗田大、大川淳:両側同時THA例におけるストレートステムとアナトミカル・ショート・ステムの中期成績比較. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
28.小谷野岳、神野哲也、古賀大介、北濱純:大腿骨頚部骨嚢胞を認める例における股関節動作の検討. 第39回関東股関節懇話会(2013.9)
29.小谷野岳、神野哲也、古賀大介、北濱純:大腿骨頚部骨嚢胞を認める例における股関節動作の検討. 第40回日本股関節学会(2013.11)
30.小谷野岳、神野哲也、麻生義則、古賀大介、高田ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:ドレーン留置が股関節機能に及ぼす影響 両側一期的人工股関節全置換術による検討. 第86回日本整形外科学会学術総会(2013.5)
31.神野哲也:セメントレスステムの固定様式と骨温存. 第2回阪大股関節セミナー(2013.11)
32.神野哲也:最近の変形性股関節症治療と人工股関節の傾向. 特定非営利活動法人のぞみ会医療講演会(2013.6)
33.神野哲也:人工股関節置換術の現状と問題点. 杉並区中野区整形外科合同医会(2013.10)
34.神野哲也、古賀大介、森田定雄、長谷川清一郎、松原正明、麻生義則、大川淳、宗田大:長期経過から見た髄腔占拠型ストレートステムの利点と問題点. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
35.神野哲也、古賀大介、星野ちさと、小谷野岳、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳:人工股関節全置換術における稀な合併症と対策. 第46回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会(2013.7)
36.神野哲也、古賀大介、宮武和正、高田亮平、平尾昌之、麻生義則、森田定雄、星野ちさと、宗田大、大川淳:青壮年期股関節疾患における手術療法選択. 第40回日本股関節学会(2013.11)
37.神野哲也、古賀大介:ステロイド性大腿骨頭壊死症に対する副作用救済の現状. 第2回厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症調査研究班 平成24年度第二回班会議(2013.1)
38.瀬川裕子:発症時年齢8歳以上のペルテス病の治療成績. 第52回日本小児股関節研究会(2013.6)
39.瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿崎潤、久光淳士郎、森田光明、佐藤祐介、志賀康浩、神野哲也、大川淳:千葉県こども病院における筋性斜頸の手術成績. 第24回日本小児整形外科学会学術集会(2013.11)
40.瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿崎潤、森田光明、神野哲也:千葉県こども病院における先天性股関節脱臼患者の疫学. 第40回日本股関節学会(2013.11)
41.瀬川裕子、神野哲也、古賀大介、小谷野岳、星野ちさと、大川淳、亀ヶ谷真琴、久光淳士郎、森田光明、西須孝、柿﨑潤、山本陽平:高度遺残性亜脱臼に対してDega steotomyと大腿骨骨切り術を施行した1例. 第13回千葉股関節研究会(2013.1)
42.星野ちさと、古賀大介、小谷野岳、神野哲也:前方進入THAにおける大腿神経障害. 第38回関東股関節懇話会(2013.2)
43.谷口直史、神野哲也、古賀大介:人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸術前投与と術中回収血の術中出血対策効果の比較. 第86回日本整形外科学学術総会(2013.5)
44.谷口直史、神野哲也、古賀大介:人工股関節全置換術術前トラネキサム酸投与におけるD-dimer値の評価. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
45.谷口直史、神野哲也、古賀大介、若生政憲、波呂浩孝:楔状型テーパーステム形状によるステムアライメントの比較. 第40回日本股関節学会(2013.11)
46.平尾昌之、平尾昌之、神野哲也、古賀大介、宮武和正、高田亮平、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳:ステム形状の違いによるTHAの周術期凝固線溶系変化の比較. 第40回日本股関節学会(2013.11)
47.片桐健太、神野哲也、麻生義則、古賀大介、小谷野岳、高田ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳:metal-n-highly crss-linked polyethylene 人工股関節全置換術術後7年で生じた腫瘤性病変により、大腿神経麻痺を生じた1例. 第43回日本人工関節学会(2013.2)
48.若林良明:VA-TCPを用いたCondylar Stabilizing 法. 第48回山形整形外科セミナー(2013.1)
49.鈴木英嗣, 若林良明, 二村昭元:橈骨遠位端骨折術後に前腕筋膜による正中神経の絞扼を生じた1例. 第27回東日本手外科研究会(2013.1)
50.山田哲也, 野本栄, 若林良明:小指MP関節垂直位固定の1例. 第27回東日本手外科研究会(2013.1)
51.鏑木秀俊, 若林良明, 二村昭元, 鈴木英嗣, 白坂律郎, 大川淳:陳旧性遠位橈尺関節掌側脱臼の2例. 第27回東日本手外科研究会(2013.1)
52.若林良明, 二村昭元, 鈴木英嗣:シリコン鋳型で作成した人工MP関節型の抗菌剤含有セメントスペーサーの使用経験. 第27回東日本手外科研究会(2013.1)
53.若杉琢磨, 白坂律郎, 木村浩明, 若林良明:豆状三角骨関節のCPPD関節症に深指屈筋腱皮下断裂を合併した1例. 第27回東日本手外科研究会(2013.1)
54.志村治彦, 二村昭元, 若林良明, 大川淳, 今谷潤也, 秋田恵一:尺骨鉤状突起に付着する軟部構造に関する解剖学的研究 -terrible triad との関連-. 第25回日本肘関節学会学術集会(2013.2)
55.鈴木英嗣, 若林良明, 二村昭元, 鏑木秀俊, 大川淳:重症手根管症候群における第2虫様筋複合筋活動電位の有用性についての電気生理学的検討. 第56回日本手外科学会学術集会(2013.4)
56.志村治彦, 二村昭元, 若林良明, 大川淳, 秋田恵一:尺骨鉤状突起に付着する軟部組織の解剖学的検討. 第56回日本手外科学会学術集会(2013.4)
57.志村治彦, 若林良明, 二村昭元, 大川淳:手指関節内骨折に対するmicro screw 固定の治療経験. 第56回日本手外科学会学術集会(2013.4)
58.若林良明, 二村昭元, 鏑木秀俊, 鈴木英嗣, 大川淳:手根管症候群の臨床評価における上肢障害評価表(DASH)の選択項目(スポーツ/芸術活動、仕事)の有用性の検討. 第56回日本手外科学会学術集会(2013.4)
59.松山嘉彦, 若林良明:舟状骨偽関節による示指屈筋腱皮下断裂の1例. 第56回日本手外科学会学術集会(2013.4)
60.二村昭元, 若林良明, 宗田大,大川淳, 秋田恵一:短橈側手根伸筋起始部における解剖学的特徴の検討-外側上顆炎との関連-. 第86回日本整形外科学会学術総会(2013.5)
61.若林良明, 川端茂徳, 望月智之, 加藤剛, 古賀大介, 吉井俊貴, 高橋誠, 宗田大, 大川淳:整形外科後期研修における大学・専門病院と一般病院の役割-後期研修医の手術経験調査より-. 第86回日本整形外科学会学術総会(2013.5)
62.中村香織, 王耀東, 若林良明, 福島和之, 黒佐義郎:小児上腕骨顆上骨折に合併する血管損傷に対する診断・治療方針の検討. 第39回日本骨折治療学会(2013.6)
63.太田剛, 菅田祐美, 若林良明, 大川淳:小児橈骨頸部骨折に対する経皮的鋼線整復の治療経験. 第39回日本骨折治療学会(2013.6)
64.王耀東, 若林良明, 黒佐義郎, 福島和之, 中村香織, 大川淳:高齢者の下腿開放骨折に対する治療経験. 第39回日本骨折治療学会(2013.6)
65.小児大腿骨骨幹部骨折におけるflexible nail を用いた治療成績. 第39回日本骨折治療学会(2013.6)
66.太田剛, 菅田祐美, 若林良明, 大川淳:橈骨遠位端新鮮骨折に対するロッキングプレートと低出力超音波パルスの併用療法の試み. 第39回日本骨折治療学会(2013.6)
67.若林良明, 望月智之, 林将也, 宗田大, 大川淳:トップレベルラグビー選手の手根部外傷の治療経験. 第39回日本整形外科スポーツ医学会学術集会(2013.9)
68.太田剛, 菅田祐美, 佐藤浩一, 新井嘉容, 折井久弥, 坂井顕一郎, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 黒岩智之, 若林良明, 大川淳:橈骨遠位端新鮮骨折に対する低出力超音波パルスとロッキングプレートの併用療法の試み. 第62回東日本整形災害外科学会(2013.9)
69.黒岩智之, 太田剛, 新関祐美, 佐藤浩一, 新井嘉容, 折井久弥, 坂井顕一郎, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 相原大和, 鏑木秀俊, 若林良明, 大川淳:上腕骨遠位端骨折に対しLocking Humerus Plates を用いた治療経験. 第62回東日本整形災害外科学会(2013.9)
70.橋本淳, 若林良明, 二村昭元, 志村治彦, 請川円, 鈴木聡, 大川淳:上肢手術の術前凝固検査値の検討-術中止血困難にて血友病と診断された症例の経験から-. 第62回東日本整形災害外科学会(2013.9)
71.能瀬宏行, 若林良明, 中川照彦:鎖骨遠位端骨折に対するAnatomical Locking Plate の治療成績. 第40回日本肩関節学会(2013.9)
72.鈴木聡, 若林良明, 吉村英哉, 二村昭元, 望月智之, 宗田大:HAGL病変修復後の腋窩神経麻痺に対し神経剥離を施行した1例. 第40回日本肩関節学会(2013.9)
73.大沼円, 榎本光裕, 鏑木秀俊, 若林良明, 大川淳:EGF受容体阻害薬を用いた末梢神経再生の促進. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
74.若林良明:手・指の関節症の治療. 第3回かずさ整形外科トライアングルフォーラム(2013.12)
75.佐々木研, 若林良明, 二村昭元, 藤田浩二, 鏑木秀俊, 鈴木英嗣, 大沼円, 大川淳:脛腓間スクリューのドリリングが原因と考えられる脛骨神経低位麻痺に対し神経剥離術が有効であった1例. 第671回関東整形災害外科学会月例会(2013.12)
76.早乙女進一:新規骨補填材- 多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン(Porous HAp/Col)の基礎と臨床. 第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会(日本整形外科学会教育研修講演)(2013.7)
77.早乙女進一:骨補填材料の最前線 新規骨補填材- 多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン(Porous HAp/Col)の基礎と臨床. 第43回日本口腔インプラント学会学術大会(シンポジウム)(2013.9)
78.谷山崇、早乙女進一、山田剛史、正岡智和、韋雪濤、吉井俊貴、上坂優子、高山知士、平野昌弘、大川淳:多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HAp/Col)/リン酸カルシウムセメントhybrid人工骨の開発. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
79.谷山崇、早乙女進一、山田剛史、正岡智和、韋雪濤、吉井俊貴、上坂優子、高山知士、平野昌弘、大川淳:多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体(HAp/Co1)/BMP-2ハイブリッドの骨軟骨欠損修復に対する有効性の検討. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
80.湯浅将人、山田剛史、正岡智和、吉井俊貴、四宮謙一、大川淳、早乙女進一:デキサメタゾンは間葉系組織由来細胞の増殖に影響を与えることで骨芽細胞分化を促進する. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
81.齊藤正徳、猪瀬弘之、早乙女進一、川端茂徳、榎本光裕、加藤剛、吉井俊貴、正岡智和、山田剛史、谷山崇、大川淳:後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第28回日本整形外科学会基礎学術集会(2013.10)
82.宗田大. 人工膝関節後の痛みとその対応. 第43 回日本人工関節学会 ランチョンセミナー2013.02.23
83.宗田大. 膝のスポーツ外傷と障害. 第29 回埼玉・ 県南東部整形外科勉強会2013.03.08
84.宗田大. 最近の私的膝関節疾患治療. 熊本運動器疾患懇話会2013.04.19
85.宗田大. 症例から学ぶ膝関節外科. 第86 回日本整形外科会学術総会ランチョンセミナー2013.05.26
86.宗田大. スポーツ復帰への膝外傷・ 障害の治療. 第3 回大分膝関節疾患研究会2013.05.30
87.宗田大. 滑膜間葉幹細胞移植による関節構成体の再生医療の実現化. 第36 回大学院医歯学総合研究科 大学院セミナー2013.06.04
88.宗田大. ACTIYAS デザイン~開発背景からコンセプト~. ACTIYAS セミナー2013.07.13
89.宗田大. 膝の痛みに対する私の保存治療. 第5 回さくら整形外科フォーラム2013.07.20
90.宗田大. スポーツ復帰のための保存治療と術後ケアーの実際. 第116 回宮城県スポーツ医学懇話会2013.08.31
91.宗田大. 『リウマチの最新治療と関節痛の克服』―ロコモティブシンドロームを防ぐにはー整形外科の立場から―生涯にわたり運動器の健康を維持するためには… ―. 第27 回東京医科歯科大学医師会市民公開講座2013.12.15
92.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 関矢一郎. 解剖学的2重束ACL 再建術において初期張力の違いが膝制動性および張力変化に与える影響. 第87 回日本整形外科学会総会
1.藤田浩二:お茶の水医科同窓会 第26回研究奨励賞
Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion.
2.王 耀東:AOTrauma Asia Pacific Research Committee AOTrauma Asia Pacific Research Grants 2013
Stress fractures of bowing femoral shaft in elderly Asians must be distinguished from atypical femoral fractures by SSBT: Mechanical analysis by CT-based finite element method
3.斎藤正徳:第28回日整会基礎学術集会 優秀ポスター賞
後縦靭帯骨化症(OPLL)の発生、進展に関与する遺伝子の検索
4.中川裕介:第28回日整会基礎学術集会 優秀口演賞
ブタ正常半月板におけるMRI T1rho マッピングと組織所見の対応
整理番号:P05-075P-US
発明の名称:超伝導磁気測定装置、生体磁気測定方法、生体磁気測定装置用センサ筒カバーおよびシート
出願番号:12/224,249
出願日:2007/02/20
登録日:2013/11/12
登録番号:8583208
発明者:足立善昭、川端茂徳(Shigenori Kawabata)、富澤將司
(最終更新:2016-07-24)
Return Top