東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

業績(2014年)

  • 英文原著
  • 和文原著
  • 書籍等出版物
  • 総説
  • 英文学会発表
  • 和文学会発表
  • 受賞
  • その他業績
1.Juyong Wang, Juqiang Wang, Asou Yoshinori, Fu Paul, Huiliang Shen, Jiani Chen, Shinichi Sotome, Zhao Liu, Kenichi Shinomiya. Low-intensity pulsed ultrasound prompts tissue-engineered bone formation after implantation surgery. Chin. Med. J.. 2014; 127(4); 669-674

2.Ukegawa M,Bhatt K, Hirai T, Kaburagi H, Sotome S, Wakabayashi Y, Ichinose S, Shinomiya K, Okawa A, Enomoto M. Bone marrow stromal cells combined with a honeycomb collagen sponge facilitate neurite elongation in vitro and neural restoration in the hemisected rat spinal cord Cell Transplant. (Epub ahead of print). 2014;

3.Hagiwara Yoshihiro, Kanazawa Kenji, Ando Akira, Nimura Akimoto,Watanabe Takashi, Majima Kazuhiro, Akita Keiichi, Itoi Eiji. Blood flow changes of the anterior humeral circumflex artery decrease with the scapula in internal rotation. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.01;

4.Kobayashi Sho, Matsuyama Yukihiro, Shinomiya Kenichi, Kawabata Shigenori, Ando Muneharu, Kanchiku Tsukasa, Saito Takanori, Takahashi Masahito, Ito Zenya, Muramoto Akio, Fujiwara Yasushi, Kida Kazunobu, Yamada Kei, Wada Kanichiro, Yamamoto Naoya, Satomi Kazuhiko, Tani Toshikazu. A new alarm point of transcranial electrical stimulation motor evoked potentials for intraoperative spinal cord monitoring: a prospective multicenter study from the Spinal Cord Monitoring Working Group of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. J Neurosurg Spine. 2014.01; 20(1); 102-107

5.Horie Masaki, Enomoto Mitsuhiro, Shimoda Manabu, Okawa Atsushi, Miyakawa Shumpei, Yagishita Kazuyoshi. Enhancement of satellite cell differentiation and functional recovery in injured skeletal muscle by hyperbaric oxygen treatment. J Appl Physiol (1985). 2014.01; 116(2); 149-155

6.Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Hirai Takashi, Taniyama Takashi, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Sumiya Satoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Dynamic changes in spinal cord compression by cervical ossification of the posterior longitudinal ligament evaluated by kinematic computed tomography myelography. Spine (Phila Pa 1976). 2014.01; 39(2); 113-119

7.Hirai Takashi, Enomoto Mitsuhiro, Kaburagi Hidetoshi, Sotome Shinichi, Yoshida-Tanaka Kie, Ukegawa Madoka, Kuwahara Hiroya, Yamamoto Mariko, Tajiri Mio, Miyata Haruka, Hirai Yukihiko, Tominaga Makoto, Shinomiya Kenichi, Mizusawa Hidehiro, Okawa Atsushi, Yokota Takanori. Intrathecal AAV serotype 9-mediated delivery of shRNA against TRPV1 attenuates thermal hyperalgesia in a mouse model of peripheral nerve injury. Mol Ther. 2014.02; 22(2); 409-419

8.Tasaki Atsushi, Nimura Akimoto, Nozaki Taiki, Yamakawa Akira, Niitsu Mamoru, Morita Wataru, Hoshikawa Yoshimitsu, Akita Keiichi. Quantitative and qualitative analyses of subacromial impingement by kinematic open MRI. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.02;

9.Nimura Akimoto, Fujishiro Hitomi, Wakabayashi Yoshiaki, Imatani Junya, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. Joint capsule attachment to the extensor carpi radialis brevis origin: an anatomical study with possible implications regarding the etiology of lateral epicondylitis. J Hand Surg Am. 2014.02; 39(2); 219-225

10.Mochizuki Tomoyuki, Fujishiro Hitomi, Nimura Akimoto, Mahakkanukrauh Pasuk, Yasuda Kazunori, Muneta Takeshi, Akita Keiichi. Anatomic and histologic analysis of the mid-substance and fan-like extension fibres of the anterior cruciate ligament during knee motion, with special reference to the femoral attachment. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.02; 22(2); 336-344

11.Arai Yoshiyasu, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Matsumoto Renpei, Yamada Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. A prospective comparative study of 2 minimally invasive decompression procedures for lumbar spinal canal stenosis: unilateral laminotomy for bilateral decompression (ULBD) versus muscle-preserving interlaminar decompression (MILD). Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39(4); 332-340

12.Ukegawa Dai, Kawabata Shigenori, Sakaki Kyohei, Ishii Senichi, Tomizawa Shoji, Inose Hiroyuki, Yoshii Toshitaka, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Okawa Atsushi. Efficacy of biphasic transcranial electric stimulation in intraoperative motor evoked potential monitoring for cervical compression myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39(3); E159-E165

13.Shimura Haruhiko, Wakabayashi Yoshiaki, Nimura Akimoto. A novel closed reduction with extension block and flexion block using Kirschner wires and microscrew fixation for mallet fractures. J Orthop Sci. 2014.03; 19(2); 308-312

14.Sawamura C, Matsumoto S, Shimoji T, Okawa A, Ae K.. How long should we follow patients with soft tissue sarcomas? Clinical Orthopaedics and Related Research . 2014.03; 472(3); 842-848

15.Tetsuya Jinno, Kazuyoshi Yagishita. What’s New in Orthopedics: Asian Perspective – Hip Austin MS, Klein GR, eds. Recent Advances in Orthopedics. 2014.03; 202-214

16.Kazuyoshi Yagishita, Tetsuya Jinno. What’s New in Orthopedics: Asian Perspective – Knee Austin MS, Klein GR, eds. Recent Advances in Orthopedics. 2014.03; 215-220

17.Sakamoto Kazuaki, Nasu Hisayo, Nimura Akimoto, Hamada Junichiro, Akita Keiichi. An anatomic study of the structure and innervation of the pronator quadratus muscle. Anat Sci Int. 2014.04;

18.Tsukada Sachiyuki, Fujishiro Hitomi, Watanabe Kentaro, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Mahakkanukrauh Pasuk, Yasuda Kazunori, Akita Keiichi. Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: relationship to the anterior margin of the anterior cruciate ligament. Am J Sports Med. 2014.05;42(5); 1110-1117

19.Tasaki Atsushi, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Yamaguchi Kumiko, Kato Ryuichi, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. Anatomic observation of the running space of the suprascapular nerve at the suprascapular notch in the same direction as the nerve. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.06;

20.Madoka Ukegawa, Kush Bhatt, Takashi Hirai, Hidetoshi Kaburagi, Shinichi Sotome, Yoshiaki Wakabayashi, Shizuko Ichinose, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa, Mitsuhiro Enomoto. Bone marrow stromal cells combined with a honeycomb collagen sponge facilitate neurite elongation in vitro and neural restoration in the hemisected rat spinal cord. Cell Transplant. 2014.06;

21.Yoto Oh, Yoshiaki Wakabayashi, Yoshiro Kurosa, Masafumi Ishizuki, Atsushi Okawa. Stress fracture of the bowed femoral shaft is another cause of atypical femoral fracture in elderly Japanese: a case series. J Orthop Sci. 2014.07; 19(4); 579-586

22.Kawaguchi Yoshiharu, Matsumoto Morio, Iwasaki Motoki, Izumi Tomohiro, Okawa Atsushi, Matsunaga Shunji, Chiba Kazuhiro, Tsuji Takashi, Yamazaki Masashi, Fujimori Takahito, Yoshii Toshitaka, Toyama Yoshiaki. New classification system for ossification of the posterior longitudinal ligament using CT images. J Orthop Sci. 2014.07; 19(4); 530-536

23.Muro Satoru, Yamaguchi Kumiko, Nakajima Yasuo, Watanabe Kentaro, Harada Masayo, Nimura Akimoto, Akita Keiichi. Dynamic intersection of the longitudinal muscle and external anal sphincter in the layered structure of the anal canal posterior wall. Surg Radiol Anat. 2014.08; 36(6); 551-559

24.Naoko Araya, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanori Saito, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Spinal deformity caused by hyperimmunoglobulin E syndrome: clinical article. J Neurosurg Spine. 2014.08; 21(2); 292-295
25.R Fujihara, M Usui, G Yamamoto, K Nishii, Y Tsukamoto, Y Okamatsu, T Sato, Y Asou, K Nakashima, M Yamamoto. Tumor necrosis factor-α enhances RANKL expression in gingival epithelial cells via protein kinase A signaling. J. Periodont. Res.. 2014.08; 49(4); 508-517

26.Yoshii Toshitaka, Hafeman Andrea E, Esparza Javier M, Okawa Atsushi, Gutierrez Gloria, Guelcher Scott A. Local injection of lovastatin in biodegradable polyurethane scaffolds enhances bone regeneration in a critical-sized segmental defect in rat femora. J Tissue Eng Regen Med. 2014.08; 8(8); 589-595

27.Nakajima Masahiro, Takahashi Atsushi, Tsuji Takashi, Karasugi Tatsuki, Baba Hisatoshi, Uchida Kenzo, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi, Shindo Shigeo, Takeuchi Kazuhiro, Taniguchi Yuki, Maeda Shingo, Kashii Masafumi, Seichi Atsushi, Nakajima Hideaki, Kawaguchi Yoshiharu, Fujibayashi Shunsuke, Takahata Masahiko, Tanaka Toshihiro, Watanabe Kei, Kida Kazunobu, Kanchiku Tsukasa, Ito Zenya, Mori Kanji, Kaito Takashi, Kobayashi Sho, Yamada Kei, Takahashi Masahito, Chiba Kazuhiro, Matsumoto Morio, Furukawa Ken-Ichi, Kubo Michiaki, Toyama Yoshiaki, Ikegawa Shiro, Genetic Study Group of Investigation Committee on Ossification of the Spinal Ligaments. A genome-wide association study identifies susceptibility loci for ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. Nat Genet. 2014.09; 46(9); 1012-1016

28.Arai Ryuzo, Nimura Akimoto, Yamaguchi Kumiko, Yoshimura Hideya, Sugaya Hiroyuki, Saji Takahiko, Matsuda Shuichi, Akita Keiichi. The anatomy of the coracohumeral ligament and its relation to the subscapularis muscle. J Shoulder Elbow Surg. 2014.10; 23(10); 1575-1581

29.Taniyama Takashi, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Yasuda Hiroaki, Saito Masanori, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Modified K-line in magnetic resonance imaging predicts clinical outcome in patients with nonlordotic alignment after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.10; 39(21); E1261-E1268

30.Yoshii Toshitaka, Ueki Hiroko, Kato Tsuyoshi, Tomizawa Shoji, Okawa Atsushi. Severe kyphotic deformity resulting from collapses of cemented and adjacent vertebrae following percutaneous vertebroplasty using calcium phosphate cement. A case report. Skeletal Radiol. 2014.10; 43(10); 1477-1480

31.Yuasa Masato, Mignemi Nicholas A, Barnett Joey V, Cates Justin M M, Nyman Jeffry S, Okawa Atsushi, Yoshii Toshitaka, Schwartz Herbert S, Stutz Christopher M, Schoenecker Jonathan G. The temporal and spatial development of vascularity in a healing displaced fracture. Bone. 2014.10; 67; 208-221

32.Yoto Oh, Yoshiaki Wakabayashi, Yoshiro Kurosa, Koji Fujita, Atsushi Okawa. Potential pathogenic mechanism for stress fractures of the bowed femoral shaft in the elderly: Mechanical analysis by the CT-based finite element method. Injury. 2014.11; 45(11); 1764-1771

33.Nozaki Taiki, Nimura Akimoto, Fujishiro Hitomi, Mochizuki Tomoyuki, Yamaguchi Kumiko, Kato Ryuichi, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. The anatomic relationship between the morphology of the greater tubercle of the humerus and the insertion of the infraspinatus tendon. J Shoulder Elbow Surg. 2014.12;

34.Tamaki Tatsuya, Nimura Akimoto, Oinuma Kazuhiro, Shiratsuchi Hideaki, Iida Satoshi, Akita Keiichi. An anatomic study of the impressions on the greater trochanter: bony geometry indicates the alignment of the short external rotator muscles. J Arthroplasty. 2014.12; 29(12); 2473-2477

35.Makoto Hirata, Shingo Sato, Jay S Wunder, Tak W. Mak, Benjamin A. Alman, etc.. Mutant IDH1 is sufficient to initiate enchondromatosis in mice Proc Natl Acad Sci USA. in press;

36.Yamada Jun, Tsuji Kunikazu, Miyatake Kazumasa, Matsukura Yu, Abula Kahaer, Inoue Makiko, Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi. Follistatin alleviates synovitis and articular cartilage degeneration induced by carrageenan. Int J Inflam. 2014; 2014; 959271

37.Matsukura Yu, Muneta Takeshi, Tsuji Kunikazu, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro. Mesenchymal stem cells in synovial fluid increase after meniscus injury. Clin Orthop Relat Res. 2014.05; 472(5); 1357-1364
38.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Watanabe Toshifumi, Mochizuki Tomoyuki, Horie Masafumi, Nakamura Tomomasa, Sekiya Ichiro. Effect of Notchplasty in Anatomic Double-Bundle Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Am J Sports Med. 2014.06; 42(8); 1813-1821

39.Kumai Tsukasa, Muneta Takeshi, Tsuchiya Akihiro, Shiraishi Masaharu, Ishizaki Yoshitaka, Sugimoto Kazuya, Samoto Norihiro, Isomoto Shinji, Tanaka Yasuhito, Takakura Yoshinori. The short-term effect after a single injection of high-molecular-weight hyaluronic acid in patients with enthesopathies (lateral epicondylitis, patellar tendinopathy, insertional Achilles tendinopathy, and plantar fasciitis): a preliminary study. J Orthop Sci. 2014.07; 19(4); 603-611

40.Hatsushika D, Muneta T, Nakamura T, Horie M, Koga H, Nakagawa Y, Tsuji K, Hishikawa S, Kobayashi E, Sekiya I. Repetitive allogeneic intraarticular injections of synovial mesenchymal stem cells promote meniscus regeneration in a porcine massive meniscus defect model. Osteoarthritis Cartilage. 2014.07; 22(7); 941-950

41.Okuno Makiko, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Ozeki Nobutake, Nakagawa Yusuke, Tsuji Kunikazu, Yoshiya Shinichi, Sekiya Ichiro. Meniscus regeneration by syngeneic, minor mismatched, and major mismatched transplantation of synovial mesenchymal stem cells in a rat model. J Orthop Res. 2014.07; 32(7); 928-936

42.Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Nakamura Tomomasa, Horie Masafumi, Watanabe Toshifumi, Yagishita Kazuyoshi, Sekiya Ichiro. A new behind-remnant approach for remnant-preserving double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction compared with a standard approach. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.09;

43.Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Yagishita Kazuyoshi, Watanabe Toshifumi, Mochizuki Tomoyuki, Horie Masafumi, Nakamura Tomomasa, Sekiya Ichiro. Effect of femoral tunnel position on graft tension curves and knee stability in anatomic double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.11; 22(11); 2811-2820

44. Watanabe T, Abbasi AZ, Conditt MA, Christopher J, Kreuzer S, Otto JK, et al. In vivo kinematics of a robot-assisted uni- and multi-compartmental knee arthroplasty. J Orthop Sci. 2014;19: 552-7.

1.橋本淳, 若林良明, 二村昭元, 志村治彦, 請川円, 大川淳. 上肢手術の術前凝固検査値の検討-術中止血困難にて血友病と診断された症例の経験から- 東日本整災会誌. 2014; 26(2); 203-206

2.小山恭史, 藤田浩二, 若林良明, 大沼円, 大川淳. 母指CM 関節症により長母指伸筋腱皮下断裂を発症した1例関東整災誌. 2014; 45(6); 377-380

3.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 後側方進入法による人工股関節全置換術における術中計測値と術後後方脱臼の関連性の検討日本人工関節学会誌. 2014; 44; 49-50

4.瀬川裕子, 久保俊一. 若年性特発性関節炎股関節学.久保俊一編著,金芳堂. 2014; 560-564

5.瀬川裕子, 西須孝. 運動器の超音波診断 先天性股関節脱臼 Journal of Clinical Rehabilitation. 2014; 23(5);479-483

6.星野ちさと. Chapter5 下肢 Pocket tutor 体表からわかる人体解剖学、監訳大川淳・ 秋田恵一、南江堂. 2014;115-160

7.山内裕樹, 恩河匠, 福原大夢. 人工股関節全置換術周術期疼痛に対するトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠の効果の検討Hip Joint. 2014; 40;

8.瀬川裕子, 西須孝, 柿﨑潤, 亀ヶ谷真琴, 森田光明. 先天性股関節脱臼患者の疫学と年次推移Hip Joint. 2014;40; 242-246

9.吉井俊貴. 整形トピックスHMG-CoA 還元酵素阻害薬(スタチン)の局所投与による骨形成促進整形外科. 2014.01; 65(1); 58

10.吉井俊貴, 大川淳. 【頸部脊髄症の診療】頸椎症性脊髄症に対する前方法と後方法の比較Orthopaedics. 2014.02; 27(2); 71-77

11.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 広範囲(3 椎間以上)頸椎前方術後の頸椎矢状面バランス変化 椎体亜全摘除圧固定vs. 椎間除圧固定東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.03; 26(1);81-84

12.大川淳. 【脊椎骨粗鬆症・ 圧迫骨折に対する治療戦略-薬物治療を中心に】骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具療法と薬物療法の意義脊椎脊髄ジャーナル. 2014.03; 27(3); 179-184

13.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S967

14.平尾昌之, 神野哲也, 古賀大介, 宮武和正, 高田亮平, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性の比較検討日本整形外科学会雑誌. 2014.03;88(3); S966

15.神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 大川淳, 宗田大. 変形性股関節症の診断、治療と予防変形性股関節症の病態 不安定性とインピンジメント日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S919

16.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 高田亮平, 平尾昌之, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. Wedge taper stem を用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像日本整形外科学会雑誌. 2014.03;88(3); S808

17.神野哲也, 古賀大介. ステロイド性大腿骨頭壊死症に対する副作用救済の現状厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・ 治療・ 予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24 ~ 25 年度総総合研究報告書. 2014.03; 116-118

18.猪瀬弘之, 山田剛史, 請川大, 齊藤正徳, 吉井俊貴, 加藤剛, 川端茂徳, 大川淳. 脊椎固定術後の骨癒合率改善にむけて 骨リモデリング率 (Bone remodeling ratio: BRR) の提案Journal of Spine Research. 2014.03;5(3); 362

19.瀬川裕子, 亀ヶ谷真琴, 西須孝, 森田光明, 柿崎潤, 神野哲也, 大川淳. 発症時年齢8 歳以上のPerthes 病の治療成績日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S525

20.古賀大介, 川端茂徳, 神野哲也, 大川淳. 筋誘発電位モニタリングにおける有線モニタリング/ワイヤレスモニタリングの波形比較日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(2); S98

21.高橋真治, 神野哲也,他計42 名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学―15年間(1997 年~ 2011 年)の集計結果(新患例)― 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・ 治療・ 予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24 ~ 25 年度総合研究報告書. 2014.03; 63-75

22.高橋真治, 神野哲也,他計42 名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学―15年間(1997 年~ 2011 年)の集計結果(手術例)― 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・ 治療・ 予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24 ~ 25 年度総合研究報告書. 2014.03; 76-82

23.小野優, 神野哲也,他計46 名. 定点モニタリングシステムによる特発性大腿骨頭壊死症の記述疫学―平成23 年~ 24 年の集計結果― 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・ 治療・ 予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24 ~ 25 年度総合研究報告書. 2014.03;83-90

24.福島若葉, 神野哲也,古賀大介,他計62 名. 特発性大腿骨頭壊死症の発生関連要因に関する多施設共同症例・ 対照研究厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の診断・ 治療・ 予防法の開発を目的とした全国学際的研究 平成24 ~ 25 年度総合研究報告書. 2014.03; 91-99

25.神野哲也, 久保俊一. 病歴と身体所見股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 160-170

26.神野哲也, 久保俊一. 変形性股関節症 病態股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 578-592

27.神野哲也, 久保俊一. 変形性股関節症 治療方針のたて方股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 602-605

28.神野哲也, 久保俊一. 変形性股関節症 手術療法股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 613-618

29.神野哲也, 稲葉裕,久保俊一. 変形性股関節症の診断基準,病態・ 病期分類股関節学.久保俊一編著. 2014.03;1128-1129

30.瀬川裕子, 神野哲也. 股関節の発育股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 7-13

31.瀬川裕子, 神野哲也. ギプス療法股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 307-309

32.瀬川裕子, 神野哲也, 久保俊一. Pemberton 骨盤骨切り術股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 392-394

33.瀬川裕子, 神野哲也. 特発性軟骨溶解症股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 565-568

34.古賀大介, 神野哲也. 股関節の解剖と画像股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 14-18

35.古賀大介, 神野哲也. 骨形態股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 19-28

36.古賀大介, 神野哲也. 靱帯, 筋肉股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 39-47

37.古賀大介, 神野哲也. 神経系股関節学.久保俊一編著. 2014.03; 59-65

38.古賀大介, 神野哲也, 大川淳. 【人工関節置換術-最新の知見】人工関節の臨床成績(中~長期含む) 股関節の人工関節 人工股関節全置換術における術前冠状面アライメント可動性を考慮した脚延長量設定別冊整形外科. 2014.04; (65); 169-172

39.沼野藤希, 前原秀二, 大川淳. 術中エコーにて病態を確認した胸椎部硬膜内くも膜嚢腫の3例日本脊髄障害医学会雑誌. 2014.05; 27(1); 140-141

40.雨宮正樹, 大谷和之, 北原建彰, 大川淳. 胸椎黄色靱帯骨化症に対する広範椎弓切除術の手術成績日本脊髄障害医学会雑誌. 2014.05; 27(1); 126-127

41.若林良明, 望月智之, 林将也, 宗田大, 大川淳. トップレベルラグビー選手5例の手根部外傷の治療経験日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.05; 34(2); 179-183

42.星野ちさと, 神野哲也, 古賀大介, 大川淳, 森田定雄. 初回人工股関節全置換術における退院後早期のADL The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51(Suppl.); S255

43.星野ちさと, 神野哲也, 古賀大介, 大川淳, 森田定雄. 人工股関節全置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.05; 51(Suppl.); S254

44.王耀東,若林良明,黒佐義郎,福島和之,中村香織,大川淳. 高齢者の下腿開放骨折に対する治療経験骨折. 2014.06; 36(3); 697-700

45.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 多椎間(2.3 椎間)PLIF術後のアライメント変化と術後成績 術前アライメント良好例と不良例の比較 Journal of Spine Research. 2014.06; 5(6); 972-975

46.佐藤哲也, 中川照彦, 立石智彦, 宮本崇, 土屋正光. スポーツ選手における小径ソフトアンカーを用いた肘関節の靱帯修復術JOSKAS. 2014.06; 39(3); 540-545

47.猪瀬弘之、山田剛史、牛尾修太, 吉井俊貴, 加藤剛, 川端茂徳, 大川淳. 脊椎固定術を施行した骨粗鬆症患者における週1 回投与型PTH 製剤と連日投与型PTH 製剤の骨癒合および骨リモデリングへの影響についての比較検討(中間報告)Osteoporosis Japan. 2014.07; 22(3); 542-545

48.吉井俊貴, 大川淳. 【高齢者脆弱性骨折の予防と治療】 高齢者脆弱性骨折の治療 部位別各論脊椎椎体短縮法と後方進入椎体骨切り再建術整形外科. 2014.07; 65(8); 829-834

49.平尾昌之, 神野哲也, 古賀大介, 宮武和正, 高田亮平, 麻生義則, 瀬川裕子, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. ステム形状の違いによるTHA の周術期凝固線溶系変化の比較Hip Joint. 2014.08; 40; 979-983

50.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 瀬川裕子, 星野ちさと, 平尾昌之, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. ステム長の違いがステムの前捻角とアライメントに及ぼす影響Hip Joint. 2014.08; 40; 616-619

51.中村香織,王耀東,福島和之,黒佐義郎,若林良明,大川淳. 小児上腕骨顆上骨折に合併する血管損傷に対する診断・ 治療方針の検討骨折. 2014.09; 36(4); 830-833

52.太田剛, 大川淳. 小児橈骨頭頸部骨折に対する経皮的鋼線整復治療の経験骨折. 2014.09; 36(4); 827-829

53.小谷野岳, 神野哲也, 古賀大介, 川端茂徳, 大川淳. 整形外科でのIT の活用(第9 回) 教育・ 研究編 iPad を用いた整形外科専門医試験学習法関節外科. 2014.09; 33(9); 992-994

54.吉井俊貴, 大川淳. 【整形外科の手術手技-私はこうしている】脊椎・ 骨盤・ 体幹 頸椎 頸椎後縦靱帯骨化症に対するハイドロキシアパタイトを使用した前方除圧固定術 別冊整形外科. 2014.10; (66); 184-188

55.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 頸椎症性脊髄症に対する椎弓形成術と前方除圧固定術の頸椎矢状面バランス変化Journal of Spine Research. 2014.10; 5(10); 1377-1381

56.宮本崇, 中川照彦, 佐藤哲也, 鈴木志郎. 鏡視下腱板修復術後の大結節骨吸収の検討肩関節. 2014.10; 38(2); 575-578

57.若林良明, 二村昭元, 藤田浩二, 大沼円, 鈴木英嗣, 大川淳. 橈骨遠位端骨折用 Polyaxial Locking Plate 2種の locking 機構の安定性の比較検討日本手外科学会雑誌. 2014.12; 31(3); 201-204

58.大原敏之, 宗田大, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 関矢一郎. 前十字靱帯再建術前後の膝伸展角度と不安定性の関係JOSKAS. 2014.03; 39(1); 94-95

59.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 関矢一郎. 解剖学的二重束前十字靱帯再建術において初期張力の違いが膝制動性および張力変化に与える影響日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S1006

60.中村智祐, 望月智之, 二村昭元, 柳下和慶, 宗田大, 秋田恵一. 前十字靱帯と外側半月板の関係の解剖学的検討 ACL-LM complex の存在日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S867

61.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 関矢一郎. 解剖学的二重束前十字靱帯再建術におけるnotchplasty の功罪日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S833

62.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 高田亮平, 平尾昌之, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. Wedge taper stem を用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像日本整形外科学会雑誌. 2014.03;88(3); S808

63.堀江雅史, 中村智祐, 古賀英之, 渡邊敏文, 望月智之, 関矢一郎, 大川淳, 宗田大. ACL 再建術後のスポーツ復帰期間・ パフォーマンスへ影響を与える因子の検討日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(3); S607

64.関矢一郎, 堀江雅史, 小田邉浩二, 古賀英之, 中村智祐, 渡邊敏文, 中川裕介, 松倉遊, 大関信武, 大川淳, 宗田大. ヒト幹細胞承認後に実施されている臨床研究滑膜間葉系幹細胞投与による縫合半月板治癒促進日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(2); S462

65.柳下和慶, 榎本光裕, 堀江正樹, 中村智祐, 小柳津卓也, 宗田大, 大川淳. 早期復帰を目指した運動器リハビリテーションの新展開 物理療法を用いて骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の有効性とメカニズム日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(2); S451

66.宗田大. 変形性膝関節症の診断と治療 常識と疑問日本整形外科学会雑誌. 2014.03; 88(2); S64

67.宗田大, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 関矢一郎. 見て学ぶ膝関節外科基本手技前十字靱帯再建術における大腿骨骨孔作製法関東整形災害外科学会雑誌. 2014.03; 45(臨増号外); 118

68.青木隼人, 渡邊敏文, 中村智祐, 古賀英之, 堀江雅史, 松本連平, 関矢一郎, 大川淳, 宗田大. 両側同時TKA でのmobile bearing とfixed bearing の臨床成績の比較 術後5 年以上経過例関東整形災害外科学会雑誌. 2014.03; 45(臨増号外); 86

69.古賀英之, 宗田大. 【膝前十字靱帯損傷治療-最近のトピックス】前十字靱帯損傷の受傷メカニズム整形・災害外科. 2014.04; 57(4); 357-364

70.大関信武, 関矢一郎, 齋藤知行, 宗田大. 滑膜間葉系幹細胞の関節内毎週投与は、栄養因子産生によりラット前十字靱帯損傷モデルにおける軟骨変性を抑制する関東膝を語る会会誌. 2014.04; 30(1); 53

71.松倉遊, 関矢一郎, 辻邦和, 宮武和正, 山田淳, Kahaer Abula, 井上牧子, 宗田大. 滑膜間葉系幹細胞の収量は滑膜炎症の程度と相関する マウスモデルでの検討移植. 2014.05; 49(1); 179

72.松多誠也, 大関信武, 関矢一郎, 片桐洋樹, 中川祐介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 辻邦和, 齋藤知行, 宗田大. ラット前2 分の1 半月板切除モデルにおいて、滑膜幹細胞投与はアキレス腱移植による半月板再建治癒を促進する移植. 2014.05; 49(1); 177

73.若林良明, 望月智之, 林将也, 宗田大, 大川淳. トップレベルラグビー選手5 例の手根部外傷の治療経験日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.05; 34(2); 179-183

74.相澤純也, 大路駿介, 古賀英之, 中村智祐, 宗田大, 柳下和慶. 片脚外側ジャンプ着地動作における矢状面アライメントと垂直床反力との関連JOSKAS. 2014.07; 39(4); 500

75.堀江雅史, 宗田大, 初鹿大祐, 中川裕介, 近藤伸平, 小田邊浩二, 中村智祐, 古賀英之, 渡邊敏文, 関矢一郎. 半月板損傷の治療の現状と再生への試み滑膜幹細胞を用いた半月板再生JOSKAS. 2014.07; 39(4); 486

76.大路駿介, 相澤純也, 古賀英之, 中村智祐, 宗田大, 柳下和慶. 空中回転課題を加えた片脚ジャンプ着地動作における床反力後方成分の特徴JOSKAS. 2014.07; 39(4); 476

77.中村智祐, 古賀英之, 堀江雅史, 小田邉浩二, 渡邊敏文, 柳下和慶, 関矢一郎, 宗田大. 二重束ACL 再建術の大腿骨孔位置 3DCT を用いた3 つのアプローチの比較JOSKAS. 2014.07; 39(4); 387

78.結城新, 古賀英之, 大原敏之, 関矢一郎, 宗田大. 前十字靱帯不全膝における外側の弛緩性に影響を与える因子の検討JOSKAS. 2014.07; 39(4); 372

79.堀江雅史, 中村智祐, 古賀英之, 渡邊敏文, 小田邊浩二, 望月智之, 柳下和慶, 関矢一郎, 宗田大. 解剖学的二重束ACL 再建術において術中Pivot shift test が陰性となるのに必要な移植腱の固定張力についてJOSKAS. 2014.07; 39(4); 371

80.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. 逸脱外側半月板に対する鏡視下Centralization 法の短期成績JOSKAS. 2014.07; 39(4); 355

81.中川裕介, 古賀英之, 大原敏之, 白澤進一, 清水禎則, 林将也, 中村智祐, 堀江雅史, 関矢一郎, 宗田大.半月板· 前十字靱帯損傷に対する東京医科歯科大学膝班多施設共同研究(TMDU MAKS)3 ヵ月間の半月板損傷レジストレーション症例JOSKAS. 2014.07; 39(4); 347

82.津田英一, 宗田大, 西良浩一, 杉山肇, 高尾昌人, 遠山晴一, 中川晃一, JOSKAS ガイドライン策定委員会. 肩関節脱臼に対する関節鏡視下バンカート修復術のガイドライン作成JOSKAS. 2014.07; 39(4); 318

83.望月智之, 二村昭元, 立石智彦, 古賀英之, 宗田大, 秋田恵一. 膝蓋骨脱臼の病態と最新の治療膝蓋骨脱臼の病態 内側膝蓋大腿靱帯の付着部に基づく解剖学的検討JOSKAS. 2014.07; 39(4); 304

84.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. PCL 損傷に対する治療の最前線PCL 損傷に合併した3 度MCL 損傷に対する治療方針JOSKAS. 2014.07; 39(4);296

85.大原敏之, 古賀英之, 中川裕介, 荻内隆司, 北濱純, 浅野浩司, 長瀬寅, 渡邉敏文, 関矢一郎, 宗田大. 本大学関連施設での前十字靱帯損傷多施設共同研究に関する取り組み TMDU MAKS Study についてJOSKAS.2014.07; 39(4); 198

86.鈴木聡, 中村智祐, 小田邉浩二, 堀江雅史, 古賀英之, 渡邊敏文, 関矢一郎, 宗田大. コンタクトスポーツ選手におけるACL 再建術 ST とBTB の比較JOSKAS. 2014.07; 39(4); 183

87.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. 新たな遺残組織温存2 重束前十字靱帯再建術(Backside approach 法) と従来法における大腿骨孔位置と張力変化の比較JOSKAS. 2014.07; 39(4); 181

88.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. 解剖学的2 重束前十字靱帯再建術においてnotchplasty が臨床成績に与える影響JOSKAS. 2014.07; 39(4); 179

89.渡邊敏文, 宗田大, 関矢一郎, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邉浩二, Banks Scott. 日本人向け後方安定型人工膝関節の生体内キネマティクスJOSKAS. 2014.07; 39(4); 133

90.関矢一郎, 古賀英之, 小田邉浩二, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 中川裕介, 松倉遊, 宗田大. 軟骨再生治療の現状と未来滑膜幹細胞による軟骨再生JOSKAS. 2014.07; 39(4); 104

91.古賀英之, 渡邊敏文, 望月智之, 中村智祐, 大川淳, 宗田大. 膝蓋骨脱臼の手術適応と問題点当院における膝蓋骨脱臼に対する術式の変遷東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.08; 26(3); 346

92.古賀英之, 宗田大. Advanced Surgical Skills  手術のコツとピットフォール 膝関節 膝関節後外側支持機構に対する再建術整形外科Surgical Technique. 2014.08; 4(4); 468-477

93.宇土美於, 宗田大, 小田邉浩二, 中川裕介, 大原敏之, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎.低用量モノヨード酢酸を用いたラット関節炎モデルにおける関節内変化と脊髄後角神経終末変化日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1750

94.尾島美代子, 辻邦和, 井上牧子, 中村香織, 片桐洋樹, Abula Kahaer, 大川淳, 関矢一郎, 宗田大. 前十字靱帯再建術前後の関節液中炎症性サイトカイン濃度の変化日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1736

95.大原敏之, 宗田大, 望月智之, 二村昭元, 大関信武, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. ラット肩関節滑膜組織由来の間葉系幹細胞日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1691

96.奥野真起子, 宗田大, 辻邦和, 吉矢晋一, 大川淳, 関矢一郎. ラット半月板切除モデルにおける同系· 同種滑膜幹細胞移植の免疫反応日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1690

97.塩田幹夫, 古賀英之, 関矢一郎, 中川裕介, 仲吉諒介, 大川淳, 宗田大. ブタ外側半月板逸脱モデルにおけるcentralization 法の効果 Robotics 用いたkinematics の検討日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8);S1660

98.川端賢一, 大関信武, 宗田大, 古賀英之, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 柳澤克昭, 大原敏之, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. ラット半月版逸脱モデルにおける半月板centralization の効果日本整形外科学会雑誌.2014.08; 88(8); S1659

99.近藤伸平, 宗田大, 中川裕介, 長田剛, 田渕隆, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. 滑膜間葉系幹細胞集合体の移植はサル半月板前方1/2 切除モデルで半月板再生を促進する日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1658

100.川端賢一, 中川裕介, 関矢一郎, 近藤伸平, 長田剛, 田渕隆, 古賀英之, 辻邦和, 大川淳, 宗田大. 高齢サル半月板のMRI T1rho マッピングと組織学所見の対応日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1657

101.中村香織, 辻邦和, 関矢一郎, 片桐洋樹, 井上牧子, Abula K., 大川淳, 宗田大. 膝前十字靱帯再建術後の関節液の細胞動態の検討日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1655

102.三浦貴大, 辻邦和, 松倉遊, 大川淳, 関矢一郎, 宗田大. マンノースは、滑膜細胞の増殖、アポトーシスには影響しないが、ヒアルロン酸産生量を有意に減少させる日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1538

103.柳澤克昭, 宗田大, 大関信武, 中川裕介, 宇土美於, 齋藤龍佑, 大原敏之, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎.ラット低用量MIA 投与モデルにおけるヒアルロン酸の滑膜炎に対する効果日本整形外科学会雑誌. 2014.08;88(8); S1537

104.齋藤龍佑, 宗田大, 小田邉浩二, 大関信武, 中川裕介, 宇土美於, 柳澤克昭, 大原敏之, 辻邦和, 大川淳,関矢一郎. 強制走行に炎症を付加することによりラット膝のOA 進行は加速する日本整形外科学会雑誌.2014.08; 88(8); S1534

105.Abula Kahaer, 宗田大, 山田淳, 松倉遊, 井上牧子, 大川淳, 関矢一郎, Rosen Vicki, 辻邦和. 内在性のBMP7 は軟骨基質分解酵素の発現を抑制し関節軟骨の退行変性を予防する日本整形外科学会雑誌. 2014.08;88(8); S1532

106.中村香織, 辻邦和, 関矢一郎, 片桐洋樹, 井上牧子, Abula K., 大川淳, 宗田大. 膝前十字靱帯再建術後の膝部の朝の痛みは術後関節液中のCD105 陽性細胞と逆相関する日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8);S1528

107.渡邊敏文, 宗田大, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邉浩二, 大川淳, 関矢一郎. 新しく開発した後方安定型人工膝関節の生体内キネマティクス日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1497

108.尾島美代子, 宗田大, 辻邦和, 豊田雅士, 梅澤明弘, 大川淳, 関矢一郎. 滑膜採取前後の関節液中間葉系幹細胞の遺伝子発現変化日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1491

109.大原敏之, 宗田大, 松倉遊, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. ヒト滑膜間葉系幹細胞のコロニー形成能は低酸素培養条件下で増強される日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1489

110.小田邉浩二, 中原啓行, 長谷川彰彦, 松川哲也, 関矢一郎, 宗田大, 大川淳, Lotz Martin, 浅原弘嗣.Mohawk は骨髄間葉系幹細胞の腱靱帯分化を促進する日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8); S1441

111.中川裕介, 宗田大, 近藤伸平, 長田剛, 田渕隆, 木内信司, 市野瀬志津子, 古賀英之, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. ブタ正常半月板におけるMRI T1rho マッピングとT2 マッピングの比較日本整形外科学会雑誌.2014.08; 88(8); S1383

112.関矢一郎, 古賀英之, 小田邉浩二, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 中川裕介, 大川淳, 宗田大. 軟骨再生研究変形性膝関節症に対する滑膜幹細胞移植による再生医療の試み日本整形外科学会雑誌. 2014.08; 88(8);S1351

113.宗田大. 人工膝関節· 人工股関節のリビジョンの原因とその対応 自験例から日本口腔インプラント学会誌. 2014.08; 27(特別号); 83

114.宗田大. 見て学ぶ膝関節外科基本手技Backside approach による解剖学的ACL 再建術 3 種類大腿骨側アプローチの優劣関東整形災害外科学会雑誌. 2014.08; 45(4); 290

115.青木隼人, 大川淳, 宗田大. 術後5 年以上経過した両側同時TKA でのmobile bearing とfixed bearing の臨床成績の比較関東整形災害外科学会雑誌. 2014.08; 45(4); 277

116.相澤純也, 大路駿介, 古賀英之, 中村智祐, 宗田大, 柳下和慶. 片脚外側ジャンプ-着地動作における着地時期の矢状面関節角度と垂直床反力の関連日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.08; 34(4); 509

117.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. 逸脱外側半月板に対する鏡視下Centralization 法の1 年成績日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.08; 34(4);481

118.若林良明, 柳下和慶, 榎本光裕, 小柳津卓哉, 宗田大, 大川淳. 早期診断· 手術によりシーズン中の復帰を果たしたバレーボール女子V リーグ選手の不顕性手舟状骨骨折の1 例日本整形外科スポーツ医学会雑誌.2014.08; 34(4); 417

119.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 小田邊浩二, 関矢一郎. 新たな遺残組織温存2 重束前十字靱帯再建術(Backside approach 法) についての検討日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2014.08; 34(4); 383

120.初鹿大祐, 関矢一郎, 宗田大. 整形トピックス滑膜幹細胞の関節内投与は家兎半月板前方1/2 切除後の半月板再生を促進する整形外科. 2014.09; 65(10); 1068

121.銭田良博, 加藤芳司, 宗田大. 健常者に対する膝蓋下脂肪体容量の定量化の試み日本臨床スポーツ医学会誌. 2014.10; 22(4); S174

122.古賀英之, 宗田大. 国際スキー連盟における前十字靱帯損傷頻度調査報告日本臨床スポーツ医学会誌.2014.10; 22(4); S122

123.仲津留恵日, 望月智之, 二村昭元, 宗田大, 秋田恵一, 山本晴康. 母趾外転筋および短母趾屈筋内側頭における停止部形態の解剖学的検討日本足の外科学会雑誌. 2014.10; 35(2); S260

124.森戸俊行, 宗田大. 腱付着部障害の診断と治療膝蓋腱炎に対するヒアルロン酸注入療法日本関節病学会誌.2014.10; 33(3); 364

125.堀江雅史, 宗田大, 中川裕介, 小田邊浩二, 関矢一郎. 半月損傷治療の過去· 現在· 未来滑膜幹細胞を用いた半月板再生日本関節病学会誌. 2014.10; 33(3); 363

126.宗田大, 古賀英之, 中村智祐, 堀江雅史, 渡邉敏文, 関矢一郎. Anchor を用いた半月板制動術日本関節病学会誌. 2014.10; 33(3); 274

127.関矢一郎, 松本秀男, 宗田大, 土屋明弘. 【スポーツ障害-最新の知識と治療法-】スポーツ障害 最新の知識と治療法Bone Joint Nerve. 2014.10; 4(4); 735-748

128.宗田大. 【スポーツ障害-最新の知識と治療法-】(Part5) スポーツ障害に対する最新の治療の試み ヒアルロン酸関節外注入Bone Joint Nerve. 2014.10; 4(4); 707-712

129.堀江雅史, 宗田大. 【競技特性からみた前十字靱帯損傷-競技復帰に向けたアプローチ-】総論 当科におけるハムストリング腱を用いた2 重束ACL 再建術後のスポーツ復帰状況臨床スポーツ医学. 2014.11; 31(11);1016-1020

130.古賀英之, 宗田大. 【競技特性からみた前十字靱帯損傷-競技復帰に向けたアプローチ-】アルペンスキーにおけるACL 損傷頻度、メカニズム、予防 国際スキー連盟の取り組み臨床スポーツ医学. 2014.11; 31(11);1082-1087

131.古賀英之, 宗田大, 関矢一郎. 【膝半月板損傷に対する半月板縫合術· 切除術】臨床的な応用 逸脱外側半月板に対する鏡視下Centralization 法整形外科Surgical Technique. 2014.12; 4(6); 687-693

1.澤村千草. TNM 悪性腫瘍分類カラーアトラス原書2版(筋骨格系の軟部肉腫、骨組織系 (612-639). 丸善,2014.08

2.Shigenori Kawabata. Visualization of electrophysiological activities of spinal cord using magnetospinography. 2014.11

1.加藤剛、大川淳. 脊髄硬膜外膿瘍、椎間板炎、骨髄炎最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 82 神経関連感染症. 2014; 111-119

2.川端茂徳, 大川淳. 【整形外科イメージングの進歩】(Part1)脊髄・ 神経根・ 末梢神経 脊磁図(MagnetoSpinoGraphy)による脊髄機能診断 Bone Joint Nerve. 2014.04; 4(2); 253-258

3.神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 平尾昌之, 森田定雄. 【THA-脱臼防止の工夫-】各種進入法におけるTHA術中関節安定性評価の実際と対応関節外科. 2014.07; 33(7); 734-738

4.神野哲也、森田定雄、相澤純也、増田正. 肩関節の回旋角度表示における問題点と解決法の一提案 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2014.08; 51(8/9); 574-581

5.神野哲也. 【股関節および周辺疾患の機能解剖学的病態把握と理学療法】股関節および周辺疾患の画像診断と整形外科的治療の概要理学療法. 2014.09; 31(9); 894-903

6.大川淳. 【ロコモティブシンドロームの要因としての上・ 下肢の痛みとしびれ-運動器の10年-】痛みとしびれをきたす主な疾患(下肢) 腰部脊柱管狭窄症クリニシアン. 2014.11; 61(11); 1074-1079

7.神野哲也. 【くすりの副作用のすべて】病態からみたくすりの副作用 ステロイド性骨壊死医学のあゆみ. 2014.11; 251(9); 837-842

8.森田定雄, 神野哲也, 相澤純也, 増田正. 動作解析の進歩 磁気センサを用いた動作解析Journal of Clinical Rehabilitation. 2014.11; 23(11); 1116-1120

9.Shingo Sato, Shu Takeda. Regulation of bone metastasis by microRNAs. Clin Calcium. 2014.08; 24(8);1209-1215

10.Shingo Sato, Shu Takeda. Updates on Lifestyle-Related Diseases and Bone Metabolism. Bidirectional relationship between lifestyle-related diseases and bone metabolism. Clin Calcium. 2014.11; 24(11); 1591-1598

11.宗田大, 関矢一郎. 【中高年齢者の半月板変性】(Part1) 基礎 半月板変性と変形性膝関節症(半月板の逸脱を含めてのReview) Bone Joint Nerve. 2014.01; 4(1); 35-39

12.古賀英之, 宗田大, 関矢一郎. 【中高年齢者の半月板変性】(Part4) 外側半月板に対する治療 逸脱外側半月板への対応 逸脱外側半月板に対する鏡視下centralization 法Bone Joint Nerve. 2014.01; 4(1); 115-120

13.小田邉浩二, 関矢一郎, 宗田大. 【高齢者医療における再生医療の可能性】間葉系幹細胞を用いた運動器再生医療Geriatric Medicine. 2014.03; 52(3); 273-277

14.関谷一郎, 清水則夫, 森尾友宏, 宗田大. 運動器再生医療研究の最先端滑膜間葉系幹細胞を用いる軟骨再生医療の手順日本整形外科学会雑誌. 2014.04; 88(4); 212-215

15.小田邉浩二, 関矢一郎, 宗田大. 整形外科最新トピックス 滑膜幹細胞による軟骨再生医療整形外科Surgical Technique. 2014.06; 4(3); 385-390

16.小田邉浩二, 関矢一郎, 宗田大. 滑膜幹細胞の採取Organ Biology. 2014.07; 21(2); 254-259

17.小田邉浩二, 宗田大, 関矢一郎. 【関節軟骨修復の現状と実際】滑膜由来間葉系幹細胞を用いた関節軟骨修復整形· 災害外科. 2014.08; 57(9); 1089-1096

18.小田邉浩二, 関矢一郎, 宗田大. 【半月(板) 損傷の治療-現状と未来-】治療の未来 半月板損傷に対する滑膜幹細胞を用いた再生医療関節外科. 2014.09; 33(9); 970-976

1.Nimura A, Akita K. Lateral Epicondylitis Originates At The Anterior Side Of The Articular Capsule Underlying The Extensor Carpi Radialis Brevis. the Orthpaedic Research Society 2014.03

2.Nimura A, Mochizuki T, Fujishiro H, Imatani J, Sugaya H, Muneta T, Akita K. Initiation Of Tennis Elbow; Anatomic Findings Of Origin Of Extensor Carpi Radialis Brevis And Joint Capsule. the 2014 Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons 2014.03.11 New Orleans, LO, USA

3.Gaku Koyano, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Chisato Hoshino, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Is closed suction drainage effective in recovery of hip joint function after total hip arthroplasty?. American Academy of Orthopaedic Surgeons 2014.03.12

4.Taniyama T, Sotome S, Yamada T, Masaoka T, Yoshii T, Takayama T, Kozaka Y, Nakajima T, Okawa A. Repair of osteochondral defects using porous hydroxyapatite collagen composite impregnated with bone morphogenetic proteins.. 60th Annuial meeting of the orthopaedic research society 2014.03.15 New Orleans

5.Tsuyoshi Yamada, Shinichi Sotome, Masato Yuasa, Takashi Taniyama, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. After Repeated Division, Bone Marrow Stromal Cells Express Inhibitory Factors With Osteogenic Capabilities, And EphA5 Is A Primary Candidate.. 60th Annual  Meeting of the Orthopaedic Research Society 2014.03.15 New Orleans

6.Yoshii T, Yamada T, Taniyama T, Sotome S, Kato T, Kawabata S, Okawa A.. Dynamic Changes in Spinal Cord Compression by Cervical Ossification of the Posterior  Longitudinal Ligament Evaluated by Kinematic Computed Tomography Myelogram. The ORS 2014 Annual Meeting 2014.03.16 New Orleans

7.Satoshi Sumiya,Shigenori Kawabata, Dai Ukegawa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Atsushi Okawa. Visualization by magnetospinography of electrophysiological activity in the cervical spine evoked by peripheral nerve stimulation. 30th International Congress of Clinical Neurophysiology 2014.03.20 Berlin

8.Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. The Examination about cervical spinal surgeries for the elderly patients over 80 years old. CSRS-Asia Pacific Section 2014.04.03 HO CHI MINH

9.Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai , Atsushi Okawa . Cervical Pedicle Screw Placement Using Intraoperative Computed Tomography Imaging With A Mobile Scanner Gantry. CSRS-Asia Pacific Section 2014.04.04

10.Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai , Atsushi Okawa. Comparison of surgical outcomes for cervical ossification of longitudinal ligament with ≧ 50% occupying ratio – Anterior decompression with fusion vs Posterior decompression with fusion -. CSRS-Asia Pacific Section 2014.04.04

11.Nimura A, Nozaki T, Mochizuki T, Akita K. Anatomic relationship between lateral impression of greater tuberosity of humerus and insertion of infraspinatus tendon. The European Society of Sports Traumatology, Knee and Arthroscopy (ESSKA) 2014.05.13 Amsterdam, Netherland

12.Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Satoshi Sumiya, Atsushi Okawa. Safe Cervical Pedicle Screw Placement Using Intraoperative Computed Tomography Imaging System With A Mobile Scanner Gantry. The 87th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2014.05.22

13.Hiroyuki Inose, et al.. Bone remodeling ratio (BRR) as a predicting factor for non-union after spinal fusion.. The 87 th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2014.05.24

14.Yasushi Kojima. Proposal for a new decompression illness (DCI) severity classification based on 98 DCI clinical cases and outcomes. UNDERSEA & HYPERBARIC MEDICAL SOCIETY Annual Scientific Meeting 2014 2014.06 Saint Louis

15.Toshitaka Yoshii, Kiyoshi Mochida, Akio Tsuchiya, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Longterm radiological outcomes in short segment posterior lumbar interbody fusion using expandable cages. 41st Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) 2014.06.04 Korea

16.Akinobu Hyodo, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. A case of pseudotumor after metal-on-highly cross-linked polyethylene bearing total hip arthroplasty. 15th EFORT 2014.06.04

17.Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Daisuke Koga, Masanobu Hirao, Chisato Hoshino, Yoshinori Asou, Sadao Morita, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Risk factors related to dislocation after primary total hip arthroplasty. 15th EFORT 2014.06.04

18.Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Satoshi Sumiya, Takuya Oyaizu, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Atsushi Okawa. The evaluation of the pain origin of non-union osteoporotic vertebral fracture using the vertebral block procedure before the operation. 41st Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) 2014.06.04 SEOUL

19.Daisuke Koga, Tetsuya Jinno, Shigenori Kawabata, Takeshi Muneta, Atsushi Okawa. Utility of muscle evoked potential monitoring in total hip arthroplasty.. ICJR Pan Pacific Orthopaedic Congress 2014.07.16

20.Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Yuning Tang, Shu Takeda, Jay S. Wunder, Benjamin Alman. Microarray and RNA sequencing analysis of pericyte-derived sarcomas in a novel sarcoma mouse model. Connective Tissue Oncology Society Meeting 2014 2014.10.17 Berlin

21.Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa, Kenichi Shinomiya. A Prospective, Randomized Study Comparing Selective Laminectomy and Conventional Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Minimum of 2-year Follow-up. The 42nd Cervical spine Research Society 2014.12.04

22.Takeshi Muneta. A backside approach for a remnant preserving double-bundle ACL reconstruction by three different techniques. . 1st Congress of APKASS in Nara 2014.04.15 Nara Prefectural New Public Hall

23.Takeshi Muneta. A History and Outcome of our Double-bundle ACL Reconstruction -20- year experience- .. 2014 Annual Spring Congress of the Korean Orthopaedic Association 2014.04.17 Jeju Island

24.Takeshi Muneta. An Arthroscopic Less-invasive Transplantation of Synovial Stem Cells for Patients with Articular Cartilage Injuries.. 2014 Annual Spring Congress of the Korean Orthopaedic Association 2014.04.17 Jeju Island

25.Takeshi Muneta. Isolated Superficial Medial Collateral Ligament Tears – Anatomic Treatment/Outcomes. Vail International Complex Knee Symposium (VICKS) 2014.07.17

26.Takeshi Muneta. Diagnostic Workup of Recurrent Lateral Patellar Instability. Vail International Complex Knee Symposium (VICKS) 2014.07.18

27.Takeshi Muneta. Return-to-sports and performance recovery after anterior cruciate ligament reconstruction.. JOSSM/ KOSSM combined symposium 2014.09.12

1.吉井俊貴,山田剛史,松本連平,牛尾修太,請川大,猪瀬弘之,加藤剛,川端茂徳,大川淳. 走行型術中CT を利用した頚椎後縦靱帯骨化症に対する骨化浮上術 ―浮上不良の防止―. 第15回圧迫性脊髄症研究会2014.01.18

2.角谷智, 川端茂徳, 請川大, 榎本光裕, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 大川淳. 術中脊髄モニタリングにおける頸椎手術姿位での電位変化の検討. 第15回圧迫性脊髄症研究会2014.01.18 東京

3.品田良太, 石井宣一, 王耀東. subchondral support に拘らない橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定. 2014.02.01 東京

4.小川貴久, 石井宣一, 福島和之, 王耀東, 江川聡, 品田良太, 黒佐義郎. 橈骨遠位骨端線損傷に伴う骨端線早期閉鎖に対する仮骨延長法の小経験. 第28回東日本手外科研究会2014.02.01 東京

5.角谷智, 川端茂徳, 請川大, 榎本光裕, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 大川淳. 脊磁計を用いた正中神経刺激後の椎間孔周囲神経電気活動の可視化. 第35回脊髄機能診断研究会2014.02.01 東京

6.高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 後側方進入法における術中計測値と術後脱臼の関連性の検討. 第44回日本人工関節学会2014.02.21

7.川田和正、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、小谷野岳、平尾昌之、高田亮平、大川淳. 両側一期的人工股関節全置換術における術後感染リスク因子の検討. 第44回日本人工関節学会2014.02.21

8.平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性. 第44回日本人工関節学会2014.02.21

9.古賀大介、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、平尾昌之、星野ちさと、麻生義則、森田定雄、宗田大、大川淳. 人工股関節全置換術における下肢筋電図モニタリング. 第44回日本人工関節学会2014.02.21

10.二村昭元, 若林良明, 今谷潤也, 秋田恵一. 肘関節外側における関節包付着部に関する解剖学的研究. 日本肘関節学会2014.02.28 東京、日本

11.鳥越一郎, 金民大, 片倉麻衣, 白澤進一, 大川淳. 経皮的椎弓根スクリューシステムを併用した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する胸腰椎前後同時固定術. 第54回関東整形災害外科学会2014.03

12.佐々木研, 若林良明, 鏑木秀俊, 大沼円, 大川淳. 脛腓間スクリューのドリリングが原因と考えられる脛骨神経低位麻痺に対し神経剥離術が有効であった1例. 第54回関東整形災害外科学会2014.03

13.吉井俊貴. 局所後弯を伴う高齢者、胸腰椎移行部椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術-前後方再建手術との比較-. 第4回日本成人脊柱変形学会2014.03.02

14.高田亮平、神野哲也、古賀大介、瀬川裕子、小谷野岳、平尾昌之、大川淳. 股関節手術における3 次元骨モデルの使用経験. 第8回日本CAOS 研究会2014.03.06

15.平尾昌之、神野哲也、古賀大介、高田亮平、瀬川裕子、星野ちさと、森田定雄、宗田大、大川淳. 当院での大腿骨頸部骨折に対するTHA の報告と考察. 第40回関東股関節懇話会2014.03.08

16.吉井俊貴. 後縦靭帯骨化症の診断と治療. 「後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症」の医療講演会 埼玉2014.03.22

17.歌川蔵人, 吉井俊貴, 加藤剛, 請川大, 川端茂徳, 大川淳. 占拠率の高い頸椎後縦靱帯硬化症に対して二期的後方除圧術、選択的前方除圧固定術が有効であった1例. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.28

18.小山恭史, 吉井俊貴, 加藤剛, 川端茂徳, 大川淳. 脳表ヘモジデリン沈着症における硬膜欠損の画像診断. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.28

19.吉井俊貴,大川淳. 頸椎前方除圧固定術の手術手技における要点、注意点. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.28

20.川端茂徳, 請川大, 加藤剛, 吉井俊貴, 牛尾修太, 大川淳. ハイリスク脊椎手術におけるfree run EMG モニタリングの有用性. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.29

21.金民大, 鳥越一郎, 片倉麻衣, 白澤進一, 大川淳. 骨盤牽引による術前整復を行った胸腰椎破裂骨折の1例. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.29

22.川田和正, 加藤剛, 吉井俊貴, 川端茂徳, 大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に対する経椎弓根的椎体造影による椎体形成術術前評価. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.29

23.金民大, 鳥越一郎, 片倉麻衣, 白澤進一, 大川淳. 骨盤牽引による術前整復を行った胸腰椎破裂骨折の2例. 第54回関東整形災害外科学会2014.03.29

24.志村治彦, 若林良明, 二村昭元, 大川淳. 橈骨遠位端関節内骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術の中期成績. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

25.藤田浩二, 若林良明, 二村昭元, 鏑木秀俊, 大川淳. 手根管症候群の治療 再建を含む術式の選択重度手根管症候群に対する木森法による母指対立再建術の治療成績. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

26.太田剛, 新関祐美, 若林良明, 大川淳. 橈骨遠位端新鮮骨折に対する掌側ロッキングプレートと低出力超音波パルスの併用療法の試み. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

27.若林良明, 二村昭元, 藤田浩二, 鈴木英嗣, 大川淳. 手術治療を行った医原性末梢神経損傷の検討. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

28.請川円, 若林良明, 二村昭元, 藤田浩二, 大川淳. 持続腕神経叢伝達麻酔を併用した肘・ 手指関節術後の後療法. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

29.新関祐美, 太田剛, 若林良明, 石突正文, 大川淳. 小児の新鮮前腕骨骨折に対する低出力パルス超音波治療の経験. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

30.若林良明, 二村昭元, 藤田浩二, 請川円, 大川淳. EBM に基づく橈骨遠位端骨折の治療橈骨遠位端骨折用Polyaxial Locking Plate 2 種のlocking 機構の安定性の比較検討. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04

31.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. CSM 術後のCervical Sagittal Balance 変化 前方除圧固定術vs. 椎弓形成術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

32.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 広範囲(3 椎間以上)頸椎前方術後のCervical Sagittal Balance 変化と嚥下障害. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

33.相馬真, 進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 大谷和之, 三宅論彦, 中井修, 大川淳. 頸椎前方固定術後の上気道狭窄 術後ステロイド静注は効果があるか?. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

34.前原秀二, 小森博達, 佐々木真一, 沼野藤希, 四宮謙一, 大川淳. 胸腰椎破裂骨折に対する経皮的椎体形成・ 椎弓根スクリュー固定術の検討. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

35.新井嘉容, 佐藤浩一, 折井久弥, 坂井顕一郎, 草野和生, 友利正樹, 榊経平, 大川淳. 腰椎後方除圧固定術に対する新規椎弓根スクリュー (Cortical Bone Trajectory) の適用と有用性. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

36.佐々木真一, 小森博達, 沼野藤希, 前原秀二, 北原建彰, 四宮謙一, 大川淳. 内視鏡下椎間板摘出術、内視鏡下椎弓切除術の再手術要因の検討. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

37.沼野藤希, 佐々木真一, 前原秀二, 四宮謙一, 大川淳, 小森博達. 当科におけるBalloon kyphoplasty の短期成績 局所の後彎角は早期隣接椎体骨折の危険因子の一つであった. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

38.進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 大谷和之, 相馬真, 三宅論彦, 中井修, 大川淳. 高度頸椎後彎症(首下がり)の手術治療. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

39.榎本光裕, 請川大, 加藤剛, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 小柳津卓哉, 川端茂徳, 大川淳. 腰椎変性疾患を有する高齢者の腰背筋活動と多裂筋変性との関係. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

40.大谷和之, 中井修, 進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 相馬真, 三宅論彦, 大川淳. 腰椎固定術後の後彎変形に対するPSO による変形矯正固定術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

41.榊経平, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 佐藤浩一, 大川淳. 後彎症変形矯正術におけるCervical Sagittal Alignment、Balance への影響. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

42.折井久弥, 新井嘉容, 坂井顕一郎, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 頸髄症に対する前方除圧固定術の中長期治療成績. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

43.齊藤正徳, 猪瀬弘之, 川端茂徳, 榎本光裕, 加藤剛, 吉井俊貴, 山田剛史, 請川大, 谷山崇, 角谷智, 大川淳. 後縦靱帯骨化症の進展・ 発生に関与する遺伝子の検索. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

44.三宅論彦, 中井修, 進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 大谷和之, 相馬真, 大川淳. パーキンソン病患者の腰椎後側彎症に対する脊椎手術. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04

45.角谷智,川端茂徳,大川淳. 脊磁計を用いた頚椎椎間孔~脊柱管内への脊髄・ 神経電気活動の可視化.第41回日本生体電気・ 物理刺激研究会2014.04.05 横浜

46.二村昭元. 肘の解剖. 運動機能研究会2014.04.06 東京、日本

47.猪瀬弘之 他. 脊椎固定術後の骨癒合率改善に向けて. 第43回日本脊椎脊髄病学会2014.04.17 京都

48.角谷智, 川端茂徳, 請川大, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳. 脊磁計を用いた正中神経刺激後の頸椎椎間孔の神経機能評価. 第43回日本脊椎脊髄病学会学術集会2014.04.17京都

49.宮本崇, 中川照彦, 佐藤哲也, 鈴木志郎. 母指MP 関節ロッキングの手術治療成績. 第57回日本手外科学会学術集会2014.04.17

50.吉井俊貴, 山田剛史, 角谷智, 加藤剛, 請川大, 川端茂徳, 大川淳. 骨化占拠率の大きい(≧ 50 %)頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療戦略- 前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較-. 第43回日本脊椎脊髄病学会2014.04.17

51.吉井俊貴, 山田剛史, 猪瀬弘之, 加藤剛, 川端茂徳, 大川淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対するh y d r o x y a p a t i t e 人工骨を使用した前方椎体亜全摘固定術の手術成績 ―自家腓骨移植との比較―. 第43回日本脊椎脊髄病学会2014.04.17

52.加藤剛、吉井俊貴、猪瀬弘之、鳥越一郎、山田剛史、角谷智、小柳津卓哉、榎本光裕、川端茂徳、高橋誠、四宮謙一、大川淳. 腰椎変性すべり症に対する手術治療の前向きランダム化試験の長期成績. 第43回日本脊椎脊髄病学会2014.04.17京都

53.品田良太, 石井宣一, 王耀東. subchondral support に拘らない橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定. 第57回日本手外科学会 学術集会2014.04.18沖縄県

54.王耀東,若林良明,黒佐義郎,大川淳. 高齢女性の大腿骨弯曲変形に伴う骨幹部疲労骨折の発症要因について ―CT 有限要素法による応力集中の検討―. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

55.藤田浩二, 岩崎牧子, 宮本健史, 高柳広, 四宮謙一, 大川淳. ビタミンE は破骨細胞融合を刺激し、骨量減少を引き起こす. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

56.中井修, 進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 大谷和之, 大川淳. 腰部脊柱管狭窄症の疫学、診断、治療腰部脊柱管狭窄症に対する固定術の適応. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

57.佐々木真一, 小森博達, 沼野藤希, 前原秀二, 北原建彰, 四宮謙一, 大川淳. 内視鏡下腰椎後方除圧術 (MED、MEL) の再手術要因の検討. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

58.友利正樹, 佐藤浩一, 新井嘉容, 折井久弥, 坂井顕一郎, 草野和生, 榊経平, 吉田裕俊, 大川淳. Hybrid法による特発性側彎症の術後肩バランス. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

59.柳下和慶, 榎本光裕, 堀江正樹, 中村智祐, 小柳津卓也, 宗田大, 大川淳. 早期復帰を目指した運動器リハビリテーションの新展開 物理療法を用いて骨格筋損傷に対する高気圧酸素治療の有効性とメカニズム. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

60.阿江啓介, 松本誠一, 下地尚, 谷澤泰介, 五木田茶舞, 早川景子, 澤村千草, 大川淳, 川口智義. 骨・ 軟部腫瘍 希少疾患に光明をもたらす夢の実現へ新しい切除縁表記の運用 Barrier を考慮した適切な切除縁計画. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

61.太田剛, 新関祐美, 若林良明, 大川淳. 肘部上腕動脈穿刺による心臓カテーテル検査後に発生した整形外科的合併症. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

62.折井久弥, 新井嘉容, 太田剛, 坂井顕一郎, 友利正樹, 草野和生, 新関祐美, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. 頸椎前方除圧固定術における骨癒合遅延の要因と臨床成績. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

63.進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 大谷和之, 相馬真, 三宅論彦, 中井修, 大川淳. 頸椎前方手術の合併症. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

64.坂井顕一郎, 新井嘉容, 折井久弥, 友利正樹, 草野和生, 榊経平, 佐藤浩一, 大川淳. Cervical sagittal balance 不全は椎弓形成術後後彎化の危険因子である. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

65.大谷和之, 中井修, 進藤重雄, 水野広一, 北原建彰, 相馬真, 三宅論彦, 佐藤陽介, 雨宮正樹, 佐々木亨,大川淳. 成人脊柱後側彎変形(側彎30°以上)に対する後方前方後方3段階矯正固定術の手術成績 多椎間後方進入椎体間固定術との比較. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

66.角谷智, 川端茂徳, 請川大, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳. 頸椎後方手術時の頸椎過屈曲姿位による脊髄障害例の術前因子の検討. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22 神戸

67.吉井俊貴, 加藤剛, 山田剛史, 角谷智, 猪瀬弘之, 川崎茂徳, 四宮謙一, 大川淳. CT ミエログラフィー機能撮影を用いた頚椎後縦靱帯骨化症における脊髄圧迫の動態評価. 第87回日本整形外科学会学術総会2014.05.22

68.神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄、大川淳、宗田大. 変形性股関節症の病態 ―不安定性とインピンジメント―. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

69.平尾昌之, 神野哲也, 古賀大介, 宮武和正, 高田亮平, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性の比較検討. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

70.瀬川裕子, 亀ヶ谷真琴, 西須孝, 森田光明, 柿崎潤, 神野哲也, 大川淳. 発症時年齢8 歳以上のPerthes 病の治療成績. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

71.古賀大介, 川端茂徳, 神野哲也, 大川淳. 筋誘発電位モニタリングにおける有線モニタリング/ワイヤレスモニタリングの波形比較. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

72.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 高田亮平, 平尾昌之, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. Wedge taper stem を用いた人工股関節全置換術におけるステム表面加工部周囲の放射線透過像. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

73.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 初回人工股関節全置換術における術後脱臼因子の解析と検討. 第87回日本整形外科学学術総会2014.05.22 神戸ポートピアホテル(兵庫)

74.神野哲也. セメントレスステムにおける固定性の画像評価と問題点. 第45回日本人工関節学会2014.05.22

75.角谷智, 川端茂徳, 請川大, 牛尾修太, 関原謙介, 足立善昭, 大川淳. 頸部脊髄・ 神経誘発磁界による無侵襲機能診断にむけて. 第29回日本生体磁気学会大会2014.05.29 大阪

76.猪瀬弘之. マイクロRNA による骨芽細胞分化の調節. 神澤財団第16回講演会2014.05.30東京

77.新関祐美, 太田剛, 若林良明, 大川淳. 成人における指節骨頸部回旋転位骨折 (rotational supracondylar fracture) の治療経験. 第40回日本骨折治療学会2014.06

78.太田剛, 新関祐美, 大川淳. 上腕骨遠位端骨折に対する Polyaxial Locking Plate を用いた治療経験. 第40回日本骨折治療学会2014.06

79.藤田浩二, 大川淳. ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第34回日本骨形態計測学会2014.06

80.瀬川裕子, 西須孝, 柿崎潤, 廣澤直也, 田中玲子, 森田光明, 亀ヶ谷真琴. Charcot-Marie-Tooth 病に伴う寛骨臼形成不全に対しトリプル骨盤骨切り術を施行した2例. 第53回日本小児股関節研究会2014.06

81.田中玲子, 西須孝, 柿崎潤, 瀬川裕子, 廣澤直也, 森田光明, 亀ヶ谷真琴. 大腿骨頭に発生した軟骨芽細胞腫に対し骨髄鏡視下病巣掻爬術を行った2例. 第53回日本小児股関節研究会2014.06

82.星野ちさと, 神野哲也, 古賀大介, 大川淳, 森田定雄. 初回人工股関節全置換術における退院後早期のADL. 第51回日本リハビリテーション医学会2014.06.05

83.星野ちさと, 神野哲也, 古賀大介, 大川淳, 森田定雄. 人工股関節前置換術における神経麻痺発生の危険因子の検討. 第51回日本リハビリテーション医学会2014.06.05

84.小島泰史. ダイビングにおける服薬の問題. 日本高気圧環境・ 潜水医学会 第14回関東地方会学術総会2014.06.07東京

85.猪瀬弘之,吉井俊貴,加藤剛,川端茂徳,大川淳. 脊椎固定術における骨癒合遷延予測因子としての骨リモデリング率の提案. 第34回日本骨形態計測学会2014.06.13

86.鈴木聡, 神野哲也, 瀬川裕子, 古賀大介, 平尾昌之, 高田亮平, 宮武和正, 宗田大, 大川淳. Charcot- Marie-Tooth 病に伴う両側高度寛骨臼形成不全の1例. 第53回日本小児股関節研究会2014.06.20

87.野呂瀬美生, 神野哲也, 瀬川裕子, 古賀大介, 平尾昌之, 高田亮平, 宮武和正, 宗田大, 大川淳. 大腿骨頭に発生した片肢性骨端異形成症の1例. 第53回日本小児股関節研究会2014.06.20

88.王耀東,若林良明,黒佐義郎,大川淳. 非定型大腿骨骨折患者における大腿骨頸部への応力集中 ―CT 有限要素法による力学解析―. 第40回日本骨折治療学会2014.06.27

89.小川貴久, 石井宣一, 福島和之, 王耀東, 江川聡, 品田良太, 黒佐義郎. 橈骨遠位骨端線損傷に伴う骨端線早期閉鎖に対する仮骨延長法の小経験. 第40回日本骨折治療学会2014.06.28

90.澤村千草, 松本誠一, 下地尚, 阿江啓介, 大川淳. 計画的に行われなかった軟部肉腫切除後の予後. 第47回日本整形外科学会-骨・ 軟部腫瘍学術集会2014.07

91.瀬川裕子、山本寛人、桑名仁、山口久美子、中川美奈、鶴田潤、高田和生. 臨床実習における臨床技能と臨床推論のトレーニング:Script Concordance Test の要素を取り入れたmini-CEX. 第46回日本医学教育学会大会2014.07和歌山

92.王耀東. ピロン骨折. 第2回 Trauma Open Confernce 2014.07.05

93.田中玲子, 西須孝, 柿崎潤, 瀬川裕子, 廣澤直也, 本間澄恵, 松野大輔, 岩井潤, 亀ヶ谷真琴. 総排泄腔外反症に対して骨盤骨切りを施行した1例. 第31回日本二分脊椎研究会2014.07.05

94.佐藤信吾. 肉腫起源細胞としての血管周皮細胞(ペリサイト). 第226回関東骨軟部腫瘍研究会2014.07.08東京

95.神野哲也. セメントレスTHA におけるインプラント固定と骨温存. 第2回青森関節外科フォーラム2014.07.19

96.猪瀬弘之. リウマチ頚椎についての症例検討. お茶の水リウマチセミナー2014.07.23

97.宮本崇, 中川照彦, 佐藤哲也, 鈴木志郎, 土屋正光. プロスポーツ選手の外傷性ボタン穴変形に対する治療経験. 第6回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会2014.07.24

98.吉井俊貴,加藤剛,大川淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対するhydroxyapatite 人工骨を使用した前方椎体亜全摘固定術の手術成績―自家腓骨移植との比較―. 第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2014.08.29

99.吉井俊貴,加藤剛,大川淳. 脊椎後方固定術における予防的バンコマイシン粉末創内散布の有用性. 第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会2014.08.29

100.吉井俊貴, 坂井顕一郎, 加藤剛, 友利正樹, 新井嘉容, 佐藤浩一, 大川淳. 20 度以上の局所後弯を伴う胸腰移行部、骨粗鬆症性椎体圧潰に対する後方進入脊柱再建術―前後方再建手術との比較、多施設研究―. 第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会2014.08.29

101.川畑篤礼, 猪瀬弘之, 川端茂徳, 山田剛史, 角谷智, 吉井俊貴, 加藤剛, 大川淳. 硬膜損傷に対しポリグリコール酸不織布及びフィブリン糊にてコーティング後に、異物肉芽腫を生じた一例. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

102.坂井顕一郎, 新井嘉容, 相馬真, 鳥越一郎, 前原秀二, 友利正樹, 谷山崇, 佐藤浩一, 大川淳. 頸椎矢状面バランスに着目した頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術の手術成績. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

103.小林裕, 坂井顕一郎, 新井嘉容, 相馬真, 鳥越一郎, 前原秀二, 友利正樹, 谷山崇, 佐藤浩一, 大川淳. L5/S 後方椎体間固定術術後にS1 スクリュー先端でL5 神経根障害を呈し、再手術を行った2例. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

104.佐藤啓, 加藤剛, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 山田剛史, 川端茂徳, 大川淳. 当科における高齢者に対する脊椎手術成績の検討. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

105.古賀英之, 渡邊敏文, 望月智之, 中村智祐, 大川淳, 宗田大. 膝蓋骨脱臼の手術適応と問題点当院における膝蓋骨脱臼に対する術式の変遷. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

106.太田剛, 大沼円, 佐藤浩一, 新井壽容, 坂井顕一郎, 友利正樹, 大川淳. 橈骨遠位端骨折に対する手術合併症・ 成績橈骨遠位端新鮮骨折掌側ロッキングプレート固定の合併症とその対策. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

107.富澤將司, 志村治彦, 仲津留恵日, 雨宮正樹, 大川淳. 脊椎手術後硬膜外血腫除去術を施行した症例の検討. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

108.大沼円, 太田剛, 新関祐美, 小林裕, 谷山崇, 友利正樹, 鳥越一郎, 坂井顕一郎, 相馬真, 新井嘉容, 佐藤浩一, 大川淳. 転位のある鎖骨骨幹部骨折に対するLocking plate 固定術の治療成績. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09

109.若林良明, 柳下和慶, 榎本光裕, 小柳津卓哉, 宗田大, 大川淳. 早期診断・ 手術によりシーズン中の復帰を果たしたバレーボール女子V リーグ選手の不顕性手舟状骨骨折の1例. 第40回日本整形外科スポーツ医学会学術集会2014.09

110.牛尾修太、川端茂徳、角谷智、加藤剛、大川淳. 高頻度train 刺激による経頭蓋刺激誘発電位測定 (Br-MSEP) の有用性. 第49回脊髄障害医学会2014.09.11

111.角谷智,川端茂徳,牛尾修太,加藤剛,大川淳. 上肢末梢神経刺激による非侵襲的な脊髄伝導の可視化. 第49回日本脊髄障害医学会2014.09.11旭川

112.加藤剛、角谷智、牛尾修太、川端茂徳、大川淳. 80 歳以上の高齢者に対する脊椎手術成績の検討ー術式、周術期合併症、術後経過についてー. 第49回日本脊髄障害医学会2014.09.11旭川

113.加藤剛、角谷智、牛尾修太、川端茂徳、大川淳. 1990 年以降の当科における脊髄係留症候群 (Tethered Cord Syndrome: TCS) の治療成績. 第49回日本脊髄障害医学会2014.09.11旭川

114.角谷智,川端茂徳,牛尾修太,加藤剛,大川淳. 圧迫性脊髄症手術におけるFree run EMG モニタリングの有用性. 第49回脊髄障害医学会2014.09.12旭川

115.鈴木聡、小柳広高、澤村千草、早乙女進一、大川淳、眞鍋淳. パスツール処理骨にハイドロキシアパタイト/コラーゲン製人工骨を充填し早期骨形成が得られた1例. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09.19東京

116.山田剛史,猪瀬弘之,吉井俊貴,加藤剛,川端茂徳,大川淳. 当院における透析脊椎手術の現況. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09.19

117.川畑篤礼、猪瀬弘之、大川淳. 硬膜損傷に対しポリグリコール酸不織布及びフィブリン糊にてコーティング後に、異物肉芽腫を生じた一例. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09.19

118.吉井俊貴, 山田剛史, 加藤剛, 猪瀬弘之, 川端茂徳, 大川淳. 頚椎後縦靭帯骨化症に対する術中CTを使用した骨化浮上術―骨化のひっかかり防止―. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09.19

119.吉井俊貴, 坂井顕一郎, 友利正樹, 山田剛史, 猪瀬弘之, 加藤剛, 川端茂徳, 新井嘉容, 大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方侵入椎体再建術、前後方法再建術との比較、多施設研究. 第63回東日本整形災害外科学会2014.09.19

120.大原敏之, 宗田大, 望月智之, 二村昭元, 大関信武, 辻邦和, 大川淳, 関矢一郎. ラット肩関節滑膜組織由来の間葉系幹細胞. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10

121.朴金瑛, 辻邦和, 越智広樹, 古賀大介, 大川淳, 竹田秀, 麻生義則. サーチュイン遺伝子 Sirt6 による軟骨代謝制御機構の解析. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10

122.藤田浩二, 大川淳. ヒト骨芽細胞抽出法の開発と骨芽細胞における遺伝子発現の解析. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10

123.岩田宗峻, 越智広樹, 原康, 古賀大介, 大川淳, 麻生義則. 高脂肪食負荷による膝蓋下脂肪体肥大化は力学的負荷とは独立して変形性膝関節症を惹起する. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10

124.田中玲子, 西須孝, 柿崎潤, 廣澤直也, 瀬川裕子. 大腿骨頭に発生した軟骨芽細胞腫に対し骨髄鏡視下病巣掻爬術を試みた2例. 第41回日本股関節学会2014.10

125.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 瀬川裕子, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CTにおける股関節外転筋断面積の比較検討. 第41回関東股関節懇話会2014.10.04

126.齊藤正徳、猪瀬弘之、早乙女進一、川端茂徳、加藤剛、吉井俊貴、山田剛史、谷山崇、角谷智、安田裕亮、榎本光裕、大川淳. 後縦靱帯骨化症の発生、進展に関与する遺伝子の検索. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

127.平井高志、榎本光裕、鏑木秀俊、早乙女進一、四宮謙一、横田隆徳、大川淳. TRPV1を標的としたshRNA-AAV9くも膜下腔投与は神経障害性疼痛マウスの熱刺激過敏を有意に抑制する. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

128.安田裕亮、早乙女進一、齊藤正徳、谷山崇、山田剛史、吉井俊貴、大川淳、松本智勇、菅生健、中島武彦. 多孔質ハイドロキシアパタイト・ コラーゲン複合体のBMP-2 担体としての評価. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

129.山田剛史,早乙女進一,安田裕亮,谷山崇,吉井俊貴,大川淳. 骨髄由来間葉系幹細胞 (BMSC) の質-骨形成抑制因子候補 EphA5 が果たす役割-. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

130.角谷智, 川端茂徳, 牛尾修太, 請川大, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳. 脊磁図による頸椎椎間孔の神経活動の可視化. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

131.吉井俊貴,Gutierrez Gloria,早乙女進一,大川淳. Proteasome inhibitor の局所投与による骨折治癒促進効果. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

132.吉井俊貴,早乙女進一,坂井顕一郎,新井嘉容,谷山崇,安田裕亮,山田剛史,大川淳. 新しい人工骨、多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の脊椎固定術における臨床使用. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.09鹿児島

133.Shingo Sato, Qingxia Wei, Makoto Hirata, Jackie Tang, Seiichi Matsumoto, Atsushi Okawa, Shu Takeda,Benjamin Alman. 新たな肉腫マウスモデルにおける肉腫の網羅的遺伝子発現解析および血管周皮細胞(ペリサイト)が悪性転化するための因子同定の試み. 第29回日本整形外科学会基礎学術集会2014.10.10 鹿児島

134.吉井俊貴. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術治療. 東とうきょう骨粗しょう症フォーラム2014.10.24

135.角谷智,川端茂徳,榎本光裕,牛尾修太,山田剛史,猪瀬弘之,吉井俊貴,加藤剛,大川淳. 脊磁計による頚椎椎間孔の機能評価. 第7回日本運動器疼痛学会2014.10.25宇部

136.加藤剛、角谷智、川端茂徳、大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全に伴う腰背部痛に対する椎体ブロックによる疼痛効果. 第7回日本運動器疼痛学会2014.10.25宇部

137.神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 平尾昌之, 星野ちさと, 小谷野岳, 森田定雄, 大川淳, 宗田大. 変形性股関節症の病態:寛骨臼形成不全とFAI. 第41回日本股関節学会2014.10.31

138.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 瀬川裕子, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. メタルオンクロスリンクポリエチレン人工股関節全置換術の中期成績: CT による検討. 第41回日本股関節学会2014.10.31

139.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 瀬川裕子, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 人工股関節全置換術におけるドレーン先端培養の意義. 第41回日本股関節学会2014.10.31

140.小谷野岳, 神野哲也, 古賀大介, 宗田大, 大川淳. 大腿骨頚部骨嚢胞と股関節の形状の検討. 第41回日本股関節学会2014.10.31

141.古賀大介, 神野哲也, 麻生義則, 高田亮平, 平尾昌之, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 変形性股関節症に対する手術待機期間における保存的治療効果の検討. 第41回日本股関節学会2014.10.31

142.平尾昌之, 神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 瀬川裕子, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 人工股関節全置換術におけるトラネキサム酸静脈内投与の効果と凝固線溶系に与える影響. 第41回日本股関節学会2014.10.31

143.山内裕樹, 神野哲也, 古賀大介, 高田亮平, 平尾昌之, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 当院におけるMetal-on-Metal 摺動面THA の中期成績. 第41回日本股関節学会2014.10.31

144.瀬川裕子、西須孝、柿崎潤、廣澤直也、田中玲子、森田光明、神野哲也. Charcot-Marie-Tooth 病に伴う寛骨臼形成不全に対しトリプル骨盤骨切り術を施行した2例. 第41回日本股関節学会2014.10.31

145.田中玲子, 柿崎潤, 廣澤直也, 西須孝, 瀬川裕子. 二分脊椎に伴う麻痺性踵足に対する前脛骨筋後方移行術の治療経験. 第39回日本足の外科学会2014.11

146.田中玲子, 亀ヶ谷真琴, 西須孝, 柿﨑潤, 廣澤直也, 瀬川裕子, 森田光明, 塚越祐太. 大腿骨頭すべり症に対する手術治療後のスポーツ活動. 第25回日本小児整形外科学会2014.11

147.小島泰史. 減圧障害での重症度分類. 第49回日本高気圧環境・ 潜水医学会学術総会2014.11鹿児島

148.加藤剛1、柳下和慶12、榎本光裕12、小柳津卓哉12、大川淳1. 高気圧酸素治療を併用した化膿性脊椎炎に対する当院の治療戦略. 第49回日本高気圧環境・ 潜水医学会学術総会2014.11.07鹿児島

149.加藤剛、吉井俊貴、大川淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療―手術的治療の立場から―. 第5回骨粗鬆症椎体骨折研究会2014.11.14幕張

150.加藤剛、新井嘉容、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、角谷智、川端茂徳、四宮謙一、大川淳. 3椎間以上の多椎間狭窄を呈する腰部脊柱管狭窄症における多椎間後方除圧術(非固定)の長期成績. 第22回日本腰痛学会2014.11.16幕張

151.牛尾修太、川端茂徳、角谷智、山田剛史、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、大川淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定 (BR-MSEP) における刺激ごとの波形の違いの検討. 第44回日本臨床神経生理学会2014.11.19

152.角谷智, 川端茂徳, 榎本光裕, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 大川淳. 非侵襲的に測定した脊髄誘発磁界での年代別脊髄伝導速度の推移. 第44回日本臨床神経生理学会2014.11.19福岡

153.川端茂徳, 榎本光裕, 角谷智, 牛尾修太, 四宮謙一, 大川淳. 脊髄機能モニタリングの有用性と問題点 脊椎外科医の立場から. 第44回日本臨床神経生理学会2014.11.21

154.角谷智, 川端茂徳, 牛尾修太, 山田剛史, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 加藤剛, 榎本光裕, 大川淳. 脊椎手術におけるFree run EMG を併用した術中モニタリングの有用性の検討. 第44回日本臨床神経生理学会2014.11.21

155.瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿﨑潤、森田光明、廣澤直也、田中玲子、塚越祐太、神野哲也、大川淳. Lateral pillar 分類C 群および8 歳以降発症のB/C 群のPerthes 病の治療成績. 第25回日本小児整形外科学会2014.11.27

156.田中玲子, 西須孝, 廣澤直也, 柿﨑潤, 塚越祐太, 森田光明, 亀ヶ谷真琴, 瀬川裕子. 大理石骨病に対する手術経験. 第26回日本整形外科学会骨系統疾患研究会2014.11.28

157.宗田大, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 関矢一郎. Backside approach による解剖学的ACL再建術-3 種類大腿骨側アプローチの優劣-. 第54 回関東整形災害外科学会2014.03.29 パシフィコ横浜会議センター

158.宗田大. 変形性膝関節症の診断と治療:常識と疑問. 第87 回日本整形外科学会学術総会ランチョンセミナー8 2014.05.22 神戸市中央区

159.宗田大, 古賀英之, 堀江雅史, 中村智祐, 渡邊敏文, 関矢一郎. 前十字靭帯再建術における大腿骨骨孔作製法- Backside approach とそのコンセプト-. 第6 回スポーツメディスンフォーラム2014.06.01 東京都千代田区

160.宗田大. 解剖学的ACL 再建の新しいアプローチと術後ケアの実際. 第127 回西日本整形・ 災害外科学会学術集会2014.06.07 福岡県

161.宗田大. ACL 再建術. 6th JOSKAS セミナー2014.07.27 広島

162.宗田大. 人工股関節・ 人工膝関節のリビジョンの原因とその対応―自験例から―. 第44 回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会2014.09.13 東京

163.宗田大. 小児・ 思春期の膝の外傷・ 障害とスポーツ復帰. 運動器疾患/骨・ 関節フォーラム2014.09.14 大阪

164.高田亮平, 神野哲也, 古賀大介, 瀬川裕子, 平尾昌之, 星野ちさと, 麻生義則, 森田定雄, 宗田大, 大川淳. 前方進入法と前側方進入法による人工股関節全置換術術後早期CT における股関節外転筋断面積の比較検討. 第41 回関東股関節懇話会2014.10.04

165.宗田大. 最近の前十字靭帯再建術式と術後のケア. 2014.10.14 TKPガーデンシティ品川(東京)

166.宗田大, 古賀英之, 中村智祐, 堀江雅史, 渡邊敏文, 関矢一郎. Anchor を用いた半月板制動術. 第42 回日本関節病学会2014.11.06 虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都)

167.瀬川裕子、亀ヶ谷真琴、西須孝、柿﨑潤、森田光明、廣澤直也、田中玲子、塚越祐太、神野哲也、大川淳. Lateral pillar 分類C 群および8 歳以降発症のB/C 群のPerthes 病の治療成績. 第25 回日本小児整形外科学会2014.11.27

168.宗田大. ヒアルロン酸注射治療―腱靭帯付着部症の治療と現状の問題点と将来展望―. 生化学工業社内勉強会2014.12.08 生化学工業東京本社

169.古賀英之, 宗田大, 柳下和慶, 渡邊敏文, 望月智之, 堀江雅史, 中村智祐, 大川淳, 関矢一郎. 解剖学的2重束ACL 再建術において初期張力の違いが膝制動性および張力変化に与える影響. 第87 回日本整形外科学会総会

1.澤村千草:Top Reviewer for CORR, Clinical Orthopaedics and Related Research , 2014 年

2.王耀東:若手奨励賞(臨床), 東京医科歯科大学整形外科研究奨励賞, 2014 年12 月

3.四宮謙一:2014年日本整形外科学会定時社員総会 学会賞

4.石突正文:2014年日本整形外科学会定時社員総会 功労賞

5.上小鶴正弘:2014年日本整形外科学会定時社員総会 功労賞

6.湯浅将人:ORS2014 New Investigator Recognition Award
Plasmin is Essential for Preventing Formation of Heterotopic Ossification After Skeletal Muscle Trauma

7.阿江啓介:10th Asia Pacific Musculoskeletal Tumour Society (APMSTS)Meeting ポスター賞,
Local Curability by the Quality And Width of Surgical Margins in Soft Tissue Sarcomas

8.江口和:2014年日本整形外科学会定時社員総会 奨励賞
拡散テンソル画像による腰神経病変の診断

9.藤田浩二:2014年日本整形外科学会定時社員総会 奨励賞
Vitamin E decreases bone mass by stimulating osteoclast fusion

10.吉井俊貴:平成26年日本脊椎脊髄病学会 アジアトラベリングフェローシップ

11.角谷智: 第49回日本脊髄障害医学会 学会賞
上肢末梢神経刺激による非侵襲的な脊髄伝導の可視化

1.ためしてガッテン, 2014 年06 月
ひざのコリが原因の痛みは、お皿ストレッチで改善!
ひざ痛の原因は、軟骨の破片が炎症を引き起こす変形性ひざ関節症だけではありません。
10年前のある日、左ひざに痛みを感じるようになったA さんは、激しい痛みのせいで階段を上ることもできなくなりました。その後、病院で運動療法をすすめられるも、痛みは残ったままでした。そこで別の病院で診断を受けたところ、変形性ひざ関節症でなく、ひざのコリが原因ということがわかりました。
ひざは、体重の3倍から7倍の重さがかかるといわれ、常にストレスにさらされています。そのため、血行が悪化して筋肉がこわばり、コリになってしまうのです。このコリをとるポイントが、ひざの「お皿」です。
お皿は、ひざの筋肉やじん帯の中心にあるので、これを上下、左右、斜めに動かすストレッチをすれば、筋肉やじん帯をほぐすことができ、痛みが和らぎます。
(最終更新:2016-07-24)
Return Top