東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

平成21年度入局 日山鐘浩

プレゼンテーション4
【出身大学】滋賀医科大学

 京都第二赤十字病院で初期研修を終了後、東京医科歯科大学整形外科に入局しました。全く縁もゆかりもなかった医科歯科と私ですが、整形の先生方全員が非常に暖かく迎え入れていただき、何の不安もなく卒後三年目の研修を大学で過ごすことができました。大学の研修は大学ならではの各専門分野の最先端の医療、まれな疾患に対する治療を研修することができました。その後は、関連病院をローテーションして研修を行いました。

 医科歯科整形では自分が外来で受け持った患者さんは自分で手術、外来フォローを行います。当たり前のことかもしれませんが、手術を実際に執刀医として若い学年から行うことができる数少ない医局だと思います。卒後7年目からは大学院に進学し、現在は半月板再生に関する研究を行っております。臨床のみならず、研究もあらゆる分野で最先端、とくに関矢教授の滑膜由来間葉系幹細胞による軟骨再生医療は世界に先駆けて進んでいる最先端の治療です。

 また毎年夏にはハワイで解剖用屍体を用いた関節鏡手術訓練にも参加しています。夜は(朝まで!?)仲間、先輩、後輩とワイキキで飲み歩いております(笑)。
整形外科で入局するなら医科歯科がベストです、皆さんの入局をお待ちしています!!

(最終更新:2016-07-21)
Return Top