東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

神経電気磁場(先端技術医療応用学講座)

新しい医療用診断装置を開発します

先端技術医療応用学講座は、東京医科歯科大学の臨床経験豊かな医師と、先端技術を持つ企業、工学者との密接な連携により、医療現場からの発想と企業の持つ最先端工学技術を融合し、革新的な医療機器を画期的な早さで開発することを目的に、2015年4月に開講したジョイントリサーチ講座です。
整形外科医2名、循環器科医1名、工学者1名、企業(TDK株式会社、株式会社リコー)からの研究員4名と充実したスタッフ構成で、数年以内にいつくかの最先端の医療機器を完成させることを目標に頑張っています。
医科歯科大学発の医工連携、産学連携による医療イノベーションをとおして、医学、産業の発展に貢献します。

資料1 写真

メンバー

DSC02246
川端 茂徳 Shigenori Kawabata

先端技術医療応用学講座 教授

専門 :脊椎脊髄外科

doctor_190x150
関原 謙介 Kensuke Sekihara

先端技術医療応用学講座 教授
専門 :信号処理

doctor_190x150
星野 優子 yuko Hoshino

先端技術医療応用学講座 講師
専門 :整形外科

DSC02293
牛尾 修太 Shuta Ushio

医学部附属病院 医員
専門 :脊椎脊髄外科

研究内容 実績例紹介

背磁計による脊髄機能診断

脊髄の障害部位診断では、MRIなどの画像診断のほかに、電気生理学的機能診断が必要なことが多くあります。
しかし脊髄の電流を体表から測定することは困難です。(周囲組織の影響で減衰するため)
それが磁場であれば、体表から測定が可能です。

背滋計
背滋計

われわれが共同で開発した脊磁計では、体表から脊髄の障害部位診断をおこなうことに成功しており、
臨床応用を進めている段階です。

資料3

讀賣新聞 2010年5月25日 掲載
讀賣新聞 平成22年5月25日 掲載
(最終更新:2017-08-09)
Return Top