東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

手根管症候群

病態

手根管は、手関節部にある手根管と横手根靭帯(屈筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が走行しています。この手根管内で、何らかの原因により正中神経が圧迫されると、手根管症候群が発生します。
原因は、手首の骨折後、手根管内の腫瘍、リウマチの滑膜炎による手根管内圧上昇によるもの、妊娠、糖尿病、アミロイドーシス、腎疾患、痛風などホルモンの変化や代謝性疾患に随伴するもの、原因のはっきりしないものに分類されます。最も多いものは、中高年の女性に好発する原因のはっきりしない特発性と言われています。

正中神経の圧迫(日本整形外科学会HPより)   

症状

 母指(親指)から環指(薬指)の母指側の3本半の指にしびれ、痛みが生じます(正中神経の支配領域)。この症状は明け方に強く感じ、手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると軽減します。長期にわたって症状が継続すると、母指のつけね(母指球)がやせて、母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。その結果、細かいものをつまんだり、ボタンをとめることがやりにくくなります。

手根管症候群の症状(日本整形外科学会HPより)

診断

 当院では、上記の症状について医師が確認した後、作業療法士による機能・感覚検査、精度の高い電気生理学的検査、MRI検査、エコー検査を行い、診断します。さらに先端研究による新しい診断法を随時導入しています。また、頸椎など中枢における神経障害がないかについても調べます。

治療

 症状が軽度の場合は、保存療法が選択されます。保存療法で改善しない場合や母指球筋の萎縮が明らかな場合は、手術がすすめられます。当院では、小皮切による直視下手根管開放術を行っています。
 さらに母指球筋の萎縮が高度な重症例では、手根管開放術のみでの母指機能の十分な回復が期待できないことが多いため、木森法と呼ばれる腱移行による母指対立再建術を同時に行っています。この術式により確実な母指の機能回復を得ることができます。

木森法による母指対立再建術
左:手術前  右:手術後
Return Top