東京医科歯科大学 整形外科

東京医科歯科大学整形外科7

先天性股関節脱臼(発育性股関節形成不全)

疾患概要

赤ちゃんの股関節脱臼です。従来は先天性と考えられていましたが、生後に脱臼することもあります。
女児、骨盤位(逆子)、先天性股関節脱臼・先天性股関節亜脱臼・寛骨臼形成不全・変形性股関節症の家族歴があるお子さんに多い疾患です。

症状

股関節の開きが悪い(開排制限)、鼠径部や大腿部の皮膚のしわに左右差がある、脚の長さに左右差がある、などの所見が認められますが、そのような所見が全くない場合もあります。脱臼していても痛みはありません。歩き始めてから、歩き方の異常で気づかれることもあります。

検査・診断

生後3,4か月時に行われる乳児健診で、まずは小児科医が脱臼のリスクがある赤ちゃんかどうかを判断します。具体的には、①開排制限がある、②鼠径部・大腿部の皮膚のしわに左右差がある、③女児、④骨盤位、⑤股関節疾患の家族歴、のうち、①があるか、または②③④⑤のうち2項目以上該当する場合には、整形外科を受診する必要があります。当科を受診された場合は、診察と超音波検査で脱臼の有無を確認します。

治療

治療の第一選択はリーメンビューゲル装具(Rb装具)で、適応はおおむね生後6-7か月までの開排制限が強くない症例としています。
Rb装具では整復が困難、またはRb治療の適応にならない場合には、次の段階の治療として牽引治療を行います。
当科では牽引治療としてoverhead traction法でを行っています。まずは約1週間の入院で脚を下方へ引っ張る水平牽引を行い、十分に牽引できていることが確認できたら退院とし、牽引するキット(home traction)を使い2~3週間ご自宅で牽引を継続していただきます。その後再入院し、脚を頭上に引き上げて徐々に開いていく牽引を行います。通常再入院から2週間程度で自然に整復が得られます。整復が得られたら、全身麻酔下でギプスをまき約1か月間装着し、その後装具を約4か月間装着します。牽引治療の適応は生後6か月~2,3歳まで、としています。
牽引治療でも整復が難しい場合や2,3歳以降の症例では手術を行います。手術は全身麻酔で行い、入院は1週間程度ですが、約6週間ギプスを装着します。

Return Top